中古車情報で「ASK」が使われる思ったより切実な理由, 機能よりモノっぽさで勝負!? トヨタ系ディーラーのほとんどは、メーカーであるトヨタと直接の資本関係のない、各地の有力企業や実業家などがオーナーとなる“地場資本系ディーラー”というもので構成されている。そのため、トヨタが表立って陣頭指揮をとって販売拠点の統合・整理を行うことは難しい。, そこでまずは全店舗全車種扱いを進め、トヨタ系ディーラー間で値引き競争を激化させて弱ったディーラーを力のあるトヨタ系ディーラーに吸収させる。あるいはメーカー直営化を進めて、地場資本ディーラーだけでなく、6000ともいわれる全国にある店舗のリストラを進めやすくしようとしているのではないかともいわれている。, このような動きのなか、たとえばトヨタ店以外、扱い車種のラインアップが近いトヨペット店はまだしも、カローラやネッツ店でクラウンが急に扱えるようになっても手放しで喜べないといった話も聞く。, クラウンはもともと店頭販売がメインのクルマではなく、長い間乗り継いでもらっている、企業経営者など管理顧客への代替え促進、そしてそのような顧客(お得意様)からの紹介によって、売り先の与信も担保しながら大切に販売してきたので、今のステータスを築いている。, コンプライアンスの厳しい時代に、ふらっと店頭にきたお客に購入条件で納得してもらったので契約をもらったという売り方では、クラウンのようなステータスも高い高級セダンの場合、反社会的勢力へ販売してしまい、売り慣れていないがゆえに資金洗浄に手を貸してしまうということにもなりかねない。, 一定以上の高額車両などについては、口座振り込みを徹底するなど、“売り方の統一”も全店舗全車種扱いを進める上では必要があるのではなかろうか。セールスマン自らが、高額車両の取り扱いが増えたからとして、不正な新車販売に手を染める可能性も否定できない。, 慎重さに定評があり、“販売のトヨタ”ともいわれるほど販売現場を熟知しているトヨタなので、その辺りもしっかり対策を打って全店舗全車種扱いを進めるのだろう。そのため“余計なお世話”になるかもしれないが、消費者としてはやはり、販売現場が混乱しないか心配になってしまう。, 東京ではすでに販売チャンネルの統合と全店舗全車種扱いが実施され、好調に推移しているようだ。しかし、東京はかなりマーケットとしては特殊で、全国のベンチマークにはならない(メーカー直営ディーラーを統合している)。, 新車販売業界以外でも東京中心で物事を考えた結果、ほかの地域とのミスマッチが発生することは最近ではよくあること。トヨタも当然そのようなことは把握しているだろうから、東京の事例に頼りすぎることなく、全国展開するだろうから、これもおせっかいな話に是非終わってほしい。, 何が違う? ドレがいい? トヨタの小型SUV「ライズ」「ヤリスクロス」「アクアクロスオーバー」の悩ましき同門対決, 【ムービー】女子3人が大興奮! 日産デイズ ボレロがドライブ女子会を盛り上げた理由とは, トヨタの販売現場は混乱必至! 2020年に迫る全店舗全車種取り扱いに立ちはだかる壁, 軽も普通車も激戦! 新車販売台数トップを守る熾烈な争いを逆手にとったお得な購入術とは, 「ディーラー」or「カー用品店」でメンテナンス! 3年後の愛車の程度に差はでるのか. 2020年2... トヨタは4代目、新型「ハリアー」のフルモデルチェンジを行い2020年6月17日に発売する。米国では4代目「ハイランダー(日本車名:クルーガー)」のフルモデルチェンジを行い... トヨタは新型「ヤリスクロス」の発表に合わせ2020年8月31日に全国のトヨタ販売店にて「GRパーツ」の販売を開始した。 トヨタは2020年5月8日から全国規模で、全系列店全トヨタ車併売をスタートさせる。 すでに東京地区では2019年4月にメーカー資本店を統合し「トヨタモビリティ東京」を発足させ、全店全車併売制を先行実施している。 ここで注意しなければいけないのは、トヨタモビリティ東京と、全国規模の全系列店全トヨタ車併売は基本的に異なるということ。 地場資本の多い全国では、各系列店が一部を除いてほとんど統合せず、従来販社 … 羽生九段が退院 無菌性髄膜炎 三井住友海上グループホールディングス(hd)、あいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険の損保大手3社が2010年4月の経営統合で基本合意した。 new! new! トヨタは新型「アルファード」に特別仕様車「S “TYPE GOLD”」を追加し2020年4月20日発表、5月1日に発売する。兄弟車の新型ヴェルファイアにも特別仕様車「Z “GOLDEN EYES“」を同時発売する。特別仕様車「S “TYPE... トヨタ 新型 ヴェルファイア 特別仕様車「Z “GOLDEN EYES“」2020年4月20日発表 5月1日発売. トヨタは新型「クラウン」一部改良と65周年を記念した特別仕様車「RS “Limited”」「S “Elegance Style Ⅱ”」を設定し2020年4月27日に発売した。 新型 クラウン 一部改良について T-Connect SDナ... トヨタは「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」の一部改良を行い2020年4月27日に発売する。国内にある6000店舗の販売店で「全車種併売化」実施。どのトヨタディーラーでも販売が可能となる。現行モデル最終になる可能性が高そうだ。 新型 ヴ... トヨタは新型「GRスープラ」の一部改良を行い日本では2020年4月28日発表し10月頃に発売する。限定100台の特別仕様車「RZ“Horizon blue edition”」も設定。 トヨタ 全国販売チャンネル統合を2020年5月開始 ... トヨタは「ハイエース」の一部改良を行い2020年4月17日発表し5月1日発売する。トヨタは全国販売チャンネル統合を2020年5月開始する。国内にある6000店舗の販売店で「全車種併売化」実施。これによりネッツ店で販売される「レジアスエース」... トヨタ 新型 カローラツーリング 特別仕様車「2000Limited」500台限定 2020年6月1日発売. 6月24日にトヨタは、系列ディーラーでの全店舗全車種扱いの開始を2020年5月に前倒しすることを発表した。トヨタディーラー同士が隣り合うような地域から、全店舗全車種取り扱いが行われると言われている。これによってユーザーにはどのようなメリットがあるのだろうか。 姉妹車の上級ミニバン「売れる・売れない」差が付く訳, トヨタ「アルファード」なぜ快進撃続く? 兄弟車「ヴェルファイア」と人気が逆転した背景とは, なぜ「トヨタ一人勝ち」? 販売TOP10にトヨタが8車種も!? TRD 新型 ヤリスクロス GRパーツ  【車販売を支えた制度が大変革期に】販売系列が消滅する理由と弊害 アルファード&ヴェルファイアを販売しているトヨタは販売チャンネルを複数持っているが、2020年を目途に1本化することが決まった。各メーカーにも各々販売チャンネルが過去にあった。 トヨタは全国販売チャンネル統合を2020年5月開始する。国内にある6000店舗の販売店で「全車種併売化」実施。当初は2022年~2025年の予定から2020年5月1日に前倒しされることになった。全国販売チャンネル統合のタイミングで「マイナー 日本のクルマ販売は世界的に見て特殊と言われているが、そのひとつに販売系列と呼ばれるものがある。現在その販売系列が機能しているのはトヨタだけで、そのほかのメーカーは、全店で全車種を扱うため、系列があっても半ば形骸化しているといっていい。, ほかのメーカーが全店で全車種を扱うようになっても販売系列を維持してきた最後の砦ともいえるトヨタも2020年5月からは、全店舗でトヨタ全車種を扱うようになる。, 販売系列がなくなれば、欲しいクルマを見に行っても扱っていない、という面倒からは解放され一見便利になるように感じるかもしれないが、いいことばかりではないようだ。, クルマの販売に詳しい渡辺陽一郎氏が、販売系列が消滅する理由とその弊害について考察する。, 文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、MITSUBISHI、ベストカー編集部, 2019年4月に、トヨタモビリティ東京が営業を開始した。以前からトヨタの直営販売会社であった東京地区の4系列(東京トヨタ/東京トヨペット/トヨタ東京カローラ/ネッツトヨタ東京)を、1つの会社に統合したものだ。, 現時点では、プリウスやアクアのような全店で買える併売車種があるいっぽうで、トヨタ店のクラウン、トヨペット店のハリアー、カローラ店のカローラ、ネッツトヨタ店のヴィッツのように、特定の販売系列だけが扱う専売車種も用意される。, 東京地区の販売会社は、前述のように以前から4系列すべてがトヨタの直営であった。そのためにトヨタモビリティ東京に統合できたが、ほかの地域には、メーカー資本に依存しない地場資本の販売会社が多いから東京地区のように資本関係まで含めて統合するのは難しい。, トヨタ店は、高級セダンのクラウンを専売車種としているから、落ち着いたブランドイメージを築いた。ネッツトヨタ店は、ヴィッツやヴォクシーを扱うから、若いユーザーをターゲットにしたスポーティな雰囲気を感じさせる。, それがトヨタ店がヴィッツを扱ったり、ネッツトヨタ店がクラウンを売れば、販売系列の個性は曖昧になってしまう。, 2020年5月以降も東京地区以外は販売系列を残すが、全店が全車を併売すれば、実質的に系列を廃止したのと同じだ。, そうなれば条件が統一されて販売会社同士の競争が激しくなり、同じ地域において、力の強い販売会社が弱い側を吸収する構図も生じるだろう。, 日産であれば上級のセドリックやローレルを扱うモーター店、スカイラインやグロリアのプリンス店、ブルーバードやフェアレディZの日産店、このほかサニーを扱うサニー店などもあった。, ホンダもベルノ/クリオ/プリモ店に分かれ、三菱にはカープラザ店、ギャラン店があった。マツダは1990年前後に5系列の販売体制を整えたことがある。, マツダは系列を急増させて失敗したが、ほかのメーカーは、1960年代から1980年代に売れ行きを伸ばす上で、販売系列が優れた効果を上げた。特定の車種だけを扱うことにより、販売力を集中させ、高級車も着実に売ることができたからだ。, 日産やホンダが2000~2010年頃に販売系列を廃止すると、売れ筋車種が低価格化した。, ホンダは2001年に初代フィットを発売して売れ行きを伸ばし、日産も2代目キューブをヒットさせた。これらの割安なコンパクトカーの投入と、景気停滞の長期化もあり、低価格化がさらに促進された。, この流れは今も続き、日産は国内が儲からない市場と判断して、新型車を欠乏させた。その結果、売れ筋車種が実用指向と低価格に偏り、デイズ、デイズルークス、ノート、セレナの4車種だけで、国内で売られる日産車の70%近くに達する。, 仮に従来の系列が残っていれば、こんな事態は考えられない。セレナ、あるいはノートしか扱えない販売系列は、クルマの売り上げが立たなくなるからだ。取り扱い車種の販売に力を入れて、売れ筋の日産車がもっと多く保たれていたかも知れない。, ホンダも同様だ。今では国内で売られるホンダ車の50%が軽自動車で、そこにフィット、フリード、ヴェゼル、ステップワゴンを加えると90%近くに達する。販売系列のある状態でこの売れ方になれば、軽自動車とコンパクトカーを扱うプリモ店以外は全滅する。, このように販売系列を廃止すると、売れ筋車種が売りやすいクルマに偏り、車種別の販売格差も大幅に広がるのだ。, トヨタには有力な地場資本のディーラーも多く、全店が全車を扱っても、即座に売れ筋車種の低価格化が進むとは限らない。それでもクラウンやカムリのような上級セダンは、次第に売りにくくなる。, まず商品開発では、専売車種を含んだ系列化があれば、多くの車種を揃えねばならない。トヨタならアルファード&ヴェルファイア、ヴォクシー/ノア/エスクァイア、プレミオ&アリオンのように、販売系列に応じた姉妹車を造り分ける必要も生じる。, それが販売系列を廃止して全店が全車を扱えば、先に述べたように日産はデイズ、デイズルークス、ノート、セレナの4車種があれば運営できてしまう。, ホンダもN-BOX、N-WGN、フィット、フリード、ヴェゼル、ステップワゴンがあれば国内市場を成立させられる。, 販売面では、販売店の削減が可能になる。専売車種を含めた系列があると、特定の販売店を廃止すれば、その地域に供給できない車種が生じてしまう。例えばトヨタ店を閉鎖すれば、その地域でクラウンを販売しにくくなり、顧客は遠方まで出かけなければならない。, しかし全店が全車を扱えば、周囲の販売店で補える。都市部にはトヨタ店とカローラ店が隣接しているような地域も多く、全店が全車を扱えば、販売店舗数が過剰になって自然に閉鎖に向かう効果も生じる。, 実際、日産の販売店舗数は、2003年頃には全国に約3100箇所あったが、全店が全車を扱うようになって閉鎖が進み、今では2100箇所まで減った。ホンダも2003年頃は2400箇所だったが、今は2200箇所になっている。, 販売店が閉鎖されると、顧客にとっては馴染みのディーラーがなくなるから、不便を強いられてしまう。また販売店にはサービス工場が併設されるから、店舗が閉鎖されると、車検や点検、リコールなどの作業を行うサービス網まで縮小される。, このように販売店の閉鎖は、顧客にさまざまな迷惑をかけることになり、販売系列の廃止や全店の全車扱いは、そこに向かう最初の段階に位置付けられる。, メーカーは系列の廃止などに際して、「全店で全車を扱えば、お客様にとって便利になる」とコメントすることが多い。あながち嘘とは決め付けられないが、一種の詭弁だ。, メーカーや販売会社の先輩たちは、上質なサービスを提供しながら車種を充実させるために、販売系列を整えたからだ。, 逆に系列を廃止すると、上質なサービスを提供しにくくなったり、取り扱い車種が減少に向かう。これが販売系列をなくす最終的な目標だ。, 今後はカーシェアリングなどに対応した新しい店舗も用意されるが、車種と販売店の数が今に比べて減ることは間違いない。せめて顧客が不便を感じることがないよう、最小限度の配慮は怠らないでもらいたい。, 「アーマーゲー」と呼ばないで! トヨタ自動車がトヨタディーラー4社(トヨタ、トヨペット、カローラ、ネッツ)のチャンネルを統合する予定です。 ※統合済み。, これまでは販売店ごとに販売車種を分けていて不便でした。一番不便なのが、お目当ての車種を取り扱っている販売店が遠いこと。, わざわざ遠方の販売店へ出向いての商談や、点検・整備を受けなければなりません。多チャンネル販売は少なからず機会損失が発生しているはず。, 統合することでユーザーは販売店を選ばずに、近くのトヨタで好きな車種を買えたり整備をしたりと様々なメリットが生まれます。しかし統合することは大きな改革でディーラーの人間からすると大変なことです。, さらにもう一歩、二歩先を予想すると、これからは自宅で商談することが主流になるのではないかと予想します。 ※あくまで個人的な予想、見解です。, ここ数年、ネットで何でもできるようになりました。例えば、ネット配信で音楽を聴いたり映画が見れたり、自動車保険だってネットで簡単に申し込めます。, ホテルや新幹線、飛行機の予約だってできるし、遊園地のチケットを事前にネットで注文することも可能になりました。, インターネットの世界に繋がっていれば本当に何でもできますね。もう少し技術が進歩すれば、自宅にいながら新車の商談ができるはずです。, 今後はディーラーに行かなくても自宅でネット回線を使った商談だってできると考えます。, 現在でも、自宅にいながらディーラーでもらった見積もりを修正してもらい、PCやスマホを使って確認出来るところまで進んでいるのです。, ちょっと見積もり内容が変更して欲しいな・・・。など、わざわざお店にいかなくても鳥取トヨペットのスタッフに連絡すれば、お客様のTOYOTA(トヨタ)専門ページ’MY TOYOTA’にデータを送信。簡単にチェックできます。, 内容を読んでもスタッフに連絡する方法が詳しく分かりませんでしたが、自宅にいながら見積もりの内容変更と確認ができるサービスが既に登場しています。, わざわざ休日にディーラーに行かなくても良くなるので、子育て世代やお仕事が忙しい人でも新車購入に前向きになれます。, 超高速、大容量、低遅延の5G(第5世代移動通信システム)が登場すれば、自宅での「遠隔商談」も可能だと予想します。, スマートスピーカー+VRゴーグルまたはプロジェクションマッピングのような高出力のプロジェクターがあれば自宅での商談も可能なはずです。, まずはスマートスピーカーによるAIとの対話で見積もりや基本的な説明を受け、車種、ボディーカラー、グレードの絞り込みをします。, もっと詳しく知りたい場合はディーラーへ接続。近くの実店舗に試乗の予約をして実車の質感を確認すれば効率が良く、人件費の削減にもなります。, このメリットを最大限に発揮する為に「トヨタディーラー4社を統合」したのだと考えました。若年層の車離れや高齢化社会により顧客数が減っているのが現実です。, オンライン商談を実施して「取りこぼし」を防ぐ為に、トヨタは統合という大きな改革に踏み切ったのではないかと思います。, 車情報ウェブサイトの「MOTA」では、ネットを使った新車の見積もり請求が簡単にでき、その後の詳細はディーラーとのWEB商談で確認可能なシステムを提供しています。, トヨタだけでなく他社自動車メーカーとの比較や、とりあえずの総費用を知りたい時に訪問を希望しないように設定できたりと、ネットを使うとメリットが多いです。, これからもっと進化して、ホログラム映像を使った「AI営業マン商談」の登場も、遠い未来の話ではないかもしれませんね。, ▼詳細・見積もり依頼はこちら▼ ■ネットで見積り簡単比較■ MOTA無料オンライン新車見積り!, リコールが出るとディーラーは儲かります タイヤが高いディーラーの内部事情。間違いなくネットでタイヤを買う時代です 完成検査リコールまだ5万円もらえるかスバルに聞きました, 関西在住30代2児の父。14年間務めたカーディーラーを退職代行サービスで退職した元自動車整備士。こどもと過ごす時間が好きな甘党。趣味は動画鑑賞・ガチャガチャ。, https://www.attack.work/wp-content/uploads/2019/11/atapura-rogo.png. トヨタ 新型 ノア ヴォクシー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2021年7月発売, トヨタ 新型 ランドクルーザー プラド フルモデルチェンジ 180系 2022年8月発売, 日産 新型 ノート e-POWER 3代目 フルモデルチェンジ 2020年12月23日発売. コロナ後遺症 心臓の異常報告も 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 トヨタは新型「シエンタ」の一部改良を行い2020年6月2日に発売する。今回から国内にある6000店舗の販売店で「全車種併売化」実施。どのトヨタディーラーでも販売が可能となる。 新型 シエンタ 一部改良について 今回の一部改良では「G」「... トヨタ 新型 RAV4 PHV プラグインハイブリッドモデル 2020年6月8日発売. メルセデスAMGが日本人のお金持ちに愛される理由とは, なぜ明確な金額を出さない!? 「自動車の顔つき」変わった? なぜ派生車を次々投入? トヨタが目論む戦略とは, 「ヴィッツの在庫が」「売り方がわからない」混乱するディーラー現場の声! トヨタ全店で全車取り扱い化のその後, またもトヨタのヒット車ひっそり終了… 販売店も寝耳に水!?「ポルテ/スペイド」なぜ消滅?. トヨタは新型「カローラツーリング」の特別仕様車「“2000 Limited”」を500台限定で2020年5月13日発表 6月1日発売する。価格262万円。更に新型「カローラ」「カローラツーリング」に特別仕様車「G-X“PLUS”」「HYBR... トヨタ 新型 シエンタ 一部改良 FUNBASE G Cuero を設定 2020年6月2日発売. 高級ミニバンはアルファードに統合? リストラ対象の車種はどれ? トヨタ全店全車の変革とは, 2020年5月1日より、トヨタの全車種が全店舗で購入できるようになります。これにともない、車種の統合などがおこなわれ、最終的にトヨタ車は25車種程度に減少する可能性があります。また、販売店への影響も大きいというのですが、トヨタを取り巻く環境は5月1日以降にどのように変化するのでしょうか。, 国内のトヨタの販売店には、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店という4系列があります。これに高級車ブランドのレクサスも加わります。, 「プリウス」や「アクア」などは、レクサスを除いたトヨタブランドの全店が販売していますが、そうでない車種も多いです。, 例えばトヨタ店の「クラウン」、トヨペット店の「ハリアー」、カローラ店の「カローラ」、ネッツ店の「ヤリス」などは、各系列の専売車種で、ほかの販売系列では扱っていません(東京地区を除く)。, また4つの系列があるため、実質的に同じクルマでありながら、外観と車名が異なる姉妹車も用意されています。, 例えばカローラ店の「ノア」、ネッツ店が販売する「ヴォクシー」、トヨタ店とトヨペット店の「エスクァイア」は基本的には同じクルマですが、4つの系列で売り分けるために異なる車種としています。, トヨペット店の「アルファード」とネッツ店の「ヴェルファイア」、トヨペット店の「プレミオ」とトヨタ店の「アリオン」なども、ふたつの販売系列が扱うために姉妹車を構成しています。, こういった各販売系列の取り扱い車種が、今後は大きく変わります。2020年5月1日から、トヨタの全店で全車種を買えるようになるからです。, 全店で全車を売る目的は、さまざまな分野における合理化です。いままでは系列があったために、姉妹車を用意してきましたが、全店が全車を扱えばその必要はありません。, ヴォクシー/ノア/エスクァイア、アルファード/ヴェルファイア、「ルーミー/タンク」などは、どれか1車種に統合できます。, それはすでに開始され、先ごろマイナーチェンジを受けた商用車の「ハイエース」では(納車を伴う発売は5月1日)、姉妹車の「レジアスエース」が廃止されました。, 従来はトヨペット店がハイエース、ネッツ店は姉妹車のレジアスエースを扱っていましたが、マイナーチェンジ後はトヨタの全店がハイエースを販売します。, アルファードとヴェルファイアについては、どちらも5月1日より全店舗で取り扱われることになりますが、今後どうなるかは未定です。, 過去を振り返ると、最初はアルファードのみでしたが、2代目にフルモデルチェンジしたとき、ネッツ店の販売車種をヴェルファイアに変更しました。フロントマスクなどのデザインも、アルファードとヴェルファイアは異なります。, もし1車種に統合するなら、最初から設定されていたアルファードだと思われますが、ヴェルファイアのファンも多いです。統合には賛否両論が生じそうです。, ヴォクシー/ノア/エスクァイアも同様です。登録台数が多いのはヴォクシーですが、最初に設定されたのはノア(ライトエースノアとタウンエースノア)でした。, エスクァイアは、トヨタ店とトヨペット店の雰囲気に合わせて内外装を上質に造り、装備も若干充実させて価格は高めです。将来的には本流のノアに統合されてヴォクシーとエスクァイアは廃止すると思われますが、いろいろな意見があるでしょう。, ルーミー/タンクでは、ルーミーを残してタンクは廃止されるかもしれません。ルーミーのフロントマスクはタンクよりも存在感が強く、2019年の登録台数もルーミーが約20%多いからです。, 「ポルテ/スペイド」は背の高いコンパクトカーですが、最近は売れ行きが下がりっています。2019年の登録台数は両姉妹車を合計して8000台少々で、1か月平均では700台以下です。, いまでは背の高いコンパクトカーのルーミー/タンクが好調に売れて、2019年には両車を合わせると16万6000台が登録されました。ポルテ/スペイドの売れ行きは、ルーミー/タンクの約5%なので、将来的にはルーミーに統合される可能性が高いです。, 背の高いコンパクトカーは国内向けの商品ですから、海外でも販売されるヤリスなどと違って売れ行きを伸ばしにくく、リストラの対象にされやすいです。, プレミオ/アリオンも廃止の可能性があります。車内の広い5ナンバーセダンという特徴がありますが、現行型を2007年に発売して以来、フルモデルチェンジを受けていません。, 一般的に発売から10年以上を経過するとユーザー離れが本格化するので、車種を存続させる意思があれば、遅くとも2018年にはフルモデルチェンジをおこなっていたでしょう。, アクアも新型ヤリスハイブリッドがあれば不要に思えますが、これはヤリスとは性格の異なるスペシャルティ指向のハイブリッド専用車として残す見方もあります。, このように見てくると、姉妹車の統合や設計の古くなった車種の廃止などにより、トヨタの乗用車ラインナップは25車種程度に絞られそうです。, 全店が全車を販売する体制に移行した結果、ユーザーに対するサービスがどのように変わるかでしょう。販売店に尋ねると「車種の数や店舗数が減るのは避けられない」といいます。, 車種の数については、前述のとおり、アルファードとヴェルファイアのどちらか一方が廃止されたりします。機能は基本的に同じでも、デザインを選べる楽しさは薄れます。, 店舗数の削減も考えられます。販売系列によって扱う車種が異なると、例えばクラウンが欲しいユーザーは、店舗が少し遠くてもトヨタ店まで買いに出かけます。しかし2020年5月以降は、近所のネッツ店やカローラ店でも購入できるようになります。, 同様にトヨタ店でカローラを買うことも可能です。そうなると遠方の販売店まで出かける必要はありません。, トヨタの販売店では「いま今まで付き合いのあるお客さまが、ほかのトヨタディーラーに移ることはないと思いますが、新規のお客さまは違います。系列に関係なく、最寄りの店舗で購入するでしょう」といいます。, どこの店舗でも買えるのは、ユーザーにとって便利ですが、この状態が続くとトヨタ系販売会社同士の競争が激しくなります。販売店からは「力の強い会社が弱い方を吸収することも考えられます」という話も聞かれます。, また東京地区の販売会社は、もともとトヨタ直営だったので、2019年4月にトヨタモビリティ東京に統合されました。ほかの地域はメーカー資本に頼らない販売会社も多いため、東京のように統合するのは難しいです。, それでも各地域のトヨタ系販売会社がグループ企業を構成していて、グループ内で店舗を統廃合することは考えられます。例えば同じグループ企業に属するトヨタ店とネッツ店が隣接している場合、どちらかを廃止することはあるでしょう。, このようにトヨタの全店/全車扱いがスタートすると、車種の廃止だけでなく、いろいろなサービスの縮小が考えられます。これはユーザーの不便に結び付くかも知れません。, その一方で、従来の新車販売店をカーシェアリングやレンタカーの営業所に変更するなど、販売会社の新しいサービスが始まることも考えられます。, 販売力だけでなく、優れた企画力によって地域のユーザーに貢献できる販売会社が生き残るわけです。, 今後はメーカーと販売会社にとって、厳しい時代になるかも知れません。その競争はトヨタ同士に留まらず、ほかメーカーも巻き込むことになります。, トヨタ 新型SUV「ハイランダー」発売! RAV4の兄貴的存在がさらに格好良くなった!, SUV風トヨタ「カローラ」発表! 新型「カローラトレック」は車高アップで走破性向上.

Sdカード Áすすめ Switch, ǔ女が交互に ƭう ƴ楽, 8月23日 Ȋ火 Ǧ岡, Âンスタ ɝ公開 ȋ語, Âプレッドシート Unique Ɲ件, Ľも Áない Ɨ那 Áらない, Âやし ȱ肉 Áのこ Ãンジ, Ʊ用 Âーレス Ʌ線図, Âウルイーター Ãデューサ ƭ亡, ƙ弁和歌山 ǔ子園 ń勝 Ãンバー, Ȍ碗蒸し Âーブン Âルミホイル, Icloud Ãックアップ ž元できない Ʃ種変更, Ps4 Ãリープレイ 12 Ɯ, Ãコーダー Ȳい替え B-casカード, Ãァントミラージュ Ƙ画 ʼn売り Âンビニ, Ļき合う前 Ãート Ɛ帯 Áじる, Ãケットwi-fi Natタイプ Ť更, Iphone Ãァイルアプリ Áい, Âンボリックリンク Windows10 Ãットワーク, Ãューバランス 40代 Ãンズ, Aviutl ŋ画 Ȫみ込めない, Ãットコイン ţれ Áい Ʈ高 ĸ足, Dynabook T75 Ãモリ増設,