会社に呼び出されたら? 特に会社に連絡先を教えていなかったとしても、たまたま携帯電話や自宅に連絡があったりして呼び出されることもあるかも知れません。 しかしこの場合も、 会社は労働者が同意しない限り出勤を強制することは出来ません。 「そんなことはめんどくさい・・・」となる気持ちも十二分に理解できますが、方法の1つとして、 休業中の副業・アルバイトはOK. https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/roudoukyoku/kanren_shisetsu/annai.html, もう1つは弁護士に相談するという方法。 そこで、「社内行事への参加強制は違法?」という質問にお答えするためには、業務時間内、業務時間外に分けて考える必要があります。 1.1. かなり苦痛であれば、労働相談センター等に相談するのも1つの手です。 理由はどうあれ、挑戦と捉えることで未来は変えられると思ってますし、 Hello! 業務時間内の社内行事のケース. 休日にも関わらず、上司や会社から電話やメールが来て "休んだ気にならない" 人が多いでしょう。記事では労働基準法という法的な観点から見て、これらの違法性を詳しく解説しております。 仮眠の効果はテキメンです! フクテツです!副業で物販業を始め、専業物販スタート後、半年で月商412万円を達成しました。しかし、物販... この記事でいう〇〇は「自信」ではありません フクテツです!副業で物販業を始め、専業物販スタート後、半年で月商412万円を達成しました。でも、物販業は楽しくなく…。, あなたは会社でLINEを活用していますか?その会社のLINEどう思います?僕は会社のLINEをこう思っています。, ・会社の仕事でLINE使うの嫌・会社のLINEが特に便利だとは思わない・グループに入りたくなかったが、いつの間にか入れられていた・上司からくるLINEがウザい・会社LINEの通知をみるのも嫌, 僕は普段から基本的にあまりLINEをしません。それでも使っている人がおおく、持っていると便利なのでとりあえずアプリを入れてたまに活用する程度でした。ある日、職場の同僚に「LINE教えて下さいよ」と言われて気楽に教えたことがきっかけで、会社のLINEグループに誘われて入ることになりました。この時点で断っておくべきでした。, 本来LINEをあまり使っていなかった僕は、「会社のLINEは仕事の時間だけ」という条件を自分に課し、使うことにしました。会社のLINEで何度かやりとりもしました。しかし、だんだん「これ、LINE必要なのか?」と思うようになりました。仕事でLINEがあってよかったー、便利だー、とは思えません…。勤務時間内はどこにいるかわかりますし、携帯も貸与されているので、なにかあればそこにかければいい。また、会社にはパソコンのネットワークがありますから、グループのような複数に発信したい場合はそれを使えばいいのです。, 当然、LINEグループには上司もいます。仕事の用事で、上司からダイレクトで僕にLINEがくるようになりました。教えてもいない、承諾してもいないのに、ダイレクトで送ってくるのはいかがなものか…。LINEグループはそういうもんだと、認識しておかなければいけません。最初こそ、勤務時間内であればと既読して返事をしていました。しかし、だんだん嫌になり、やがて僕は上司からきたLINEを既読しなくなりました(既読スルーは気分的に嫌なので、最初から既読をしないようにしました)。すると、その後、何通も上司からLINEで届くようになりました。それはそれで気分的に嫌なものです。, すこし気になってたまにLINEの「トーク」をみます。「トーク」の欄は、既読しなくても最後の通知が読めます。, そこを見ると「?」であったり、「スタンプが送信されました」であったり、「お願いします」であったり。ちゃんと内容を見てないのでなんだかよくわからないのですが、どうやらLINEの返信をしてくれということのようです。根負けした形で、僕は既読することにしました。上司からのLINEは急ぎの用事でも、もちろん重要な内容でもなく、会社のパソコンで使っている会社用のネットワークを使えばいいような内容でした。, おそらく上司はLINEを活用することで、部下とコミュニケーションをとっているつもりだと思います。でもそれ、逆効果ですから!とりあえずそのときは、「僕、ほとんどLINEしないんで返事が遅れてすみません」と返信しておきました。, 今度はLINEグループの通知がどんどん来ます。通知のバッチが、3→8→13→20→29→44と、バイバイン(ドラえもんの道具)を使った栗まんじゅうみたいに、どんどん増えていきます。, LINEでよくありますよね。勝手にうちわで盛り上がっているこれ。僕、苦手なんです。この輪の中に入りたくないんです。通知があまりにも多くなってきたので、これも既読しませんでした。しかし…、仕事の時間外でもLINEのやりとりはおこなわれていました。LINEを仕事に使うって…?やっぱりおかしいでしょ。なぜこれほど仕事で、しかも仕事の時間外でもLINEを使っているのか、僕には理解しがたいです。自分のスマホ、ですよ?自分の時間、ですよ?, ですが、1対1で使う友達とのLINEであったり、部下とのLINEは大丈夫です。部下は会社から携帯を貸与されていないので、自分のスマホからかけると通話料がかかります。だから無料通話のできるLINEを活用するのは仕方がない。部下が送ってきたLINEに返信することはあっても、僕から部下にLINEで送ることはありません。僕は上司からくるLINEが嫌なので、同じことはしません。友人とのやりとりでLINEを使うこともたまにあります。でも、会社の仕事でLINEを使うのはいかがなものか?スマホは基本的にみんな肌身離さず持っています。そこが会社側からすれば、会社のパソコンで使っているネットワークよりも速く、おおくの社員に伝えられる便利なツールなんでしょうけど…。, 会社からスマホを貸与されているわけではありません。仮に会社からスマホを貸与されていて、LINEを使いなさいと言われていれば、僕は仕方なしにLINEを使っていると思います(それでも勤務時間内に限りますが)。, 僕は会社とプライベートのON/OFFがはっきりしています。時間も極力きっちり守ります。例えば、18:00以降は会社の携帯に出ないとか。, 仕事が終われば仕事モードではなくなり、完全にOFF状態になります。会社とプライベートを完全に分けている僕にとって、スマホに会社の仕事を持ち込むことが苦痛でなりません。個人のスマホはプライベート満載です。LINEは僕のスマホのアプリです。そこにどんどん仕事の書き込みをされるという行為が、自分の日記帳に仕事のやりとりを落書きされている感覚なんです。, 仕事が終わってから、または、休みの日にLINEの通知をみるだけで、ズシリと重い荷物を背負ったような憂鬱な気分になります。休みの日はLINEの通知(バッチのみ)をOFFにしていますが、休日が終わって通知をONにして見るとLINEのバッチに数字がどっさり。, この数字はなにを言いたいのかというと、「あなたにこんなにメッセージが届いていますよ。気になるでしょ? 早く見ましょ」と言っているのです。この、【余計なことなのに、気になること】が 僕は嫌 なのです。しかも、会社の仕事のことです。そんなことで【気になっている自分の時間がすごく無駄】に感じるようになりました。, とりあえず僕がやったのは、LINEのアプリを消す事でした。長押しをしてアプリがゆらゆら揺れて「×」のマークが出たので削除(iPhoneです)。, スマホからアプリがなくなりスッキリしました。嫁さんの携帯で僕のLINEを見てもらうと…。, 嫁さんから LINEで僕宛に何かを送ってもらうと、ふつうに僕へ送ることができました。ただ、既読がつかない状態です。もちろん僕はアプリがなく見れませんので、既読が付かないのです。, どうやら、アプリを消してもLINEの世界では存在していて、既読がつかない状態になるようです。アカウントを削除しないと、LINEでの存在は消えない。, 僕はもう1度、LINEアプリをダウンロードしました。パスワードを入力して、今度こそアカウントを削除しました。, あー、スッキリした!元々あった僕の表示はどうなっているのか、嫁さんに確認すると、「メンバーがいません」と、表示されていました。その後、会社では当然、僕がLINEのグループを抜けていることはバレています。同僚や毎日顔を合わす人間にはそのままの理由、「会社のLINEが嫌だから消した」と、伝えています。上司も当然、LINEから僕がいなくなっていることをわかっているでしょう。やりにくいヤツと思われているのか、なぜか会社から貸与されている携帯への連絡が少なくなりました。連絡は必要最低限のことだけでいいので、こっちとしてもそのほうが助かります。もし「LINEやってよ」、と上司や会社の人に言われたら、こう応えます。僕のスマホですから、どのアプリを使うのかは、僕が決めたいと思います。会社はそこまで強制できないので、なにも言えないと思います。, LINEのアカウントを削除すると、一瞬ですべてが削除されます。LINEを消したからといって消えてしまうような友人関係は、たかだかその程度、ということですが、これは僕がおじさんだからです。おじさんは、LINEスタートの友達が少ないので言えることです。一応、LINEだけの繋がりの知り合いを探しましょう。その人は、繋がりが消えても大丈夫な人か?と考えてみてください。大切な友達や繋がりを持っておきたい人には、LINEのアカウントを削除するまえに連絡をして、別の連絡手段を作っておきましょう。これまでのトークや、保存していない写真なども一瞬ですべてが消えるので要注意です。僕みたいにならないためにも、よく考えてからアカウントの削除をしましょう。, ↑ランキングに参加しています。ポチしていただけるとすごく喜びます! よろしくお願いします!, 最後まで読んでいただき、ありがとうございます!僕の詳しいプロフィールはこちらです。よかったら見てください!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.

ž殿場 Ť気 Âメラ, Ȑ合 Ǧ嗣 Ȗ, ĸつの大罪 Ãーリン ƭ体, Áやぶさ ɳ Ō海道, Epson Event Manager Ǝ続できない, Áたねがあれば Ȋ ȭ, ȁ員紹介 Ãンプレート DŽ料, Âウルイーター Ãデューサ ƭ亡, Pcx Ãッテリー上がり Âート開け方, ɖ西 ɉ道 Ɂ休, Ãラ Áどんこ病 Ɯ酢液, Áなり Ãーメン ɧ込, ɛ子辞書 ĸ国語 ĸ古, Youtube Ãイブ配信 ə定公開 Âーティスト, Showroom Ƙ投げ 10個, ɠ収書 Ů名なし ź側, Iphone Ãックアップ Pc Ů量 Áるのに Áきない, Ãールアドレス Ãイフン Ɖち方, Iphone ɀ明ケース ƌむ ɟ国, Android ņ真 Ɨ付変更, ĸ Ɨ Ãラゴンズ ĺ領, Ŝ屋鞄 Ő刺入れ Ãディース, Ãラクエ11 Ãジスロ ǵわらせ方, Ŀ険診療 Âレジットカード ƭ科, ɖ東 ɖ西私鉄 Âメージ, Ipad Ãック解除 ȣワザ, ƥ天クレジットカード Ãイント Ľい方, Ãラクエ11 Ãジスロ ǵわらせ方,