エスカルドス家はモナコの古い魔術師の家系だが、受け継いできた当人達ですら魔術刻印に刻まれた, 母親から「アレは欠陥品ですらない。魔術師とは用途が違う」「望遠鏡だと思っていた筒が大砲だったようなもの」と評されるような、, 「技術」という意味での魔術の才能は新世代の中でもトップクラスで、魔術属性は希少な「空」。, どれか特定の魔術ではなく様々な魔術基盤からいいとこどりした「混沌魔術」というスタイルを取るが、, 型月世界の魔術は土地に存在する魔術基盤(土地ごとに焼き付いたそこで魔術を使う上でのルールみたいなもの)を使って魔術を発動させるのがセオリーだが、, 性格は上述の暗い背景をまるで感じさせない程純真の一言で、偽りの聖杯戦争に参加した動機も冒頭の台詞がほぼすべて(後は「英霊と友達になりたい」)。, 生まれた時から遠巻きにされ、時計塔でも指導を放棄されて色んな教室をたらい回しにされていた自分に、ほぼ初めて正面から向き合ってくれたⅡ世に対しては恩義を感じて慕っている。, が、これらの能天気な面とは裏腹に「違う視点」とも言うべき異常な面を見せることがしばしばあり、理性的になっているとはいえ「倫敦を震撼させた連続殺人鬼」であるバーサーカーにもその点を指摘されている。, 聖杯戦争に関しても、本質的には「魔術師同士の殺し合い」であることを分かった上で前述の軽い動機で死地に赴いている一方で、, しかし彼のそういう危うさを引き留めているのもまたエルメロイⅡ世とエルメロイ教室であり、フラット自身も「エスカルドス家の魔術師である前にエルメロイ教室のフラット・エスカルドス」と語っている。, ちなみに、使い魔をジャックしての覗き見など「やったら怒られること」をする際の罪悪感は本人なりにあるらしいが、同時に誠心誠意謝れば大丈夫だとも考えている。, エルメロイⅡ世が主役の物語である以上、エルメロイ教室の生徒である彼も当然の如く登場。, メインの登場は第二編「case.双貌塔イゼルマ」。黄金姫殺害の容疑を掛けられたライネスの潔白を証明する為に探偵役を買って出たⅡ世の依頼で、スヴィンと共に周辺を調査していた。, マテリアルによると、スヴェンが卒業できた後もエルメロイ教室に留まり(卒業できず)、新たに入学してきたあかいあくまと再び双璧を組んで師匠の胃にダメージを与え続ける日常を送っているそうな。, ソロモンみたいに千里眼を持っているとかかな? -- 名無しさん (2019-04-29 03:00:05), 他の作品だったらこの手の人間はそうそう死なないだろうなという安心感があるんだろうけど、型月世界じゃどんな天才でも死ぬときゃあっけなく死ぬから、無茶ばかりして危ういからこれから先生き残れるかマジ心配 -- 名無しさん (2019-04-29 07:27:04), ↑「この世界線では死んだけど、こっちの世界線では生きてるからいいでしょ?」で解決されることもあり得るしね。 -- 名無しさん (2019-04-29 10:39:43), ↑ルート分岐するノベルゲー時代ならいざ知らず、今現在の環境でその流れはねーよ。 -- 名無しさん (2019-04-29 14:34:47), ↑fakeに関してなら作者さんがキャラロストを嫌う人なんで、まず死ぬことはないと思う(五体満足で生き残るかは知らない) -- 名無しさん (2019-04-29 22:16:51), ↑でもfake元々全マスター生存ルートかギルとエルキ以外全滅の最終決戦ルートのパターンって見たことあるぞ -- 名無しさん (2019-04-29 22:48:42), 最初のセリフだけどもう始皇帝もノッブも出てるんだよなあ(しみじみ) -- 名無しさん (2019-04-30 04:10:38), もしもイスカンダルとコンビ組んでたらどうなってただろう? -- 名無しさん (2019-04-30 06:15:03), 今回影響は見られなかったけど、ジャックさんと一時的に存在混ぜ合わされた故に人格に影響あるかもー?はフラットにとって吉とでるか凶と出るか -- 名無しさん (2019-04-30 06:42:20), 近接戦能力が低いのはなんとなく安心 これで腕っぷしまで強かったらホント手が付けられないしね -- 名無しさん (2019-04-30 06:44:07), ↑4 なおそのノッブは聖杯を爆弾にしようとした模様 -- 名無しさん (2019-04-30 09:33:54), ↑4フラットだとイスカンダルじゃなくアレクサンダーの方が召喚されそうだな -- 名無しさん (2019-05-03 18:44:06), 始皇帝とノッブが召喚されたら次は怪獣王が召喚されてしまう… -- 名無しさん (2019-05-08 15:11:14), 5巻のアレでマスターの方に副作用あるかも?って言われてたけど ほぼほぼ本人と変わらないフラットに変身してしまったバーサーカーの方がむしろどうにかなっててしまいそうな気がしなくもない -- 名無しさん (2019-05-11 01:14:54), 根源接続者ではないんだよな?ソロモンとかマーリンの写し身みたいな魔術動作してないか…? -- 名無しさん (2019-06-14 23:08:38), 根源接続者だとしても他と同じく全知全能のどちらか或は両方が制限された状態だろうね 起源が異常に強く表に出てる系魔術師故の異常性って可能性もある -- 名無しさん (2019-06-16 09:11:43), 本来見えないものが見えて恐怖してるってところが青子っぽくみえるなぁ、魔法使いに近い何かなのかな? -- 名無しさん (2019-07-16 21:51:56), ご冥福をお祈りします。もっと生きて場をひっかきまわしてほしかった…… -- 名無しさん (2020-01-14 10:29:59), ...「フラット・エスカルドス」としては死しただろうけど、もっとヤバい何かが目覚めたんだよなぁ...純粋に死を迎えたとは言い難いから型月世界の死の法則に囚われているかも怪しいから師匠に瑠璃色の携帯電話が届いたから完全退場はまだ確定してないし、成田先生の作風からもこんなところで死亡するのは前降りの可能性がある -- 名無しさん (2020-01-14 12:12:04), ↑「僕」が最終的にアレコレして、「俺」の方が帰還とかしてほしいよね 「スタンドアローンによるネットワークの海」って決戦の舞台も不明だし -- 名無しさん (2020-01-14 12:39:22), 家系は18世紀も魔術刻印を継承しているトンデモ家(但し歴史が深い以外の強みがない平凡な一族だが魔術刻印が劣化も衰退もしていない時点で異端)本人は道理や工程をすっ飛ばして混沌魔術を成立させる麒麟児で属性は空(五大元素使い同様超レア)。恐らくエルメロイ教室一の問題児(遠坂凛やルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトも十分に問題児だが)。最も冠位に近く最も冠位に遠い男。性格はアホの子で、ついたあだ名は天才馬鹿。但しただ物ですらない怪物(魔術殺しですら理解に苦しむ処かうらやむ行動を平然とするが同時に、金ぴかなどの危険人物が近くにいて迂闊にバーサーカーを呼ぶことが出来ない状況で息を押し殺し隠れる事もする) -- 名無しさん (2020-01-17 16:50:43), どこぞの冬木の虎同様、いい加減にしろよって扱いが恐ろしいほど似合うキャラだよな -- 名無しさん (2020-01-22 13:58:13), 一見すると能天気なお調子者、実は怪物的な精神の持ち主、作中で凄惨な運命を辿る……これ、完全にバッカーノのエルマーだわ -- 名無しさん (2020-01-22 15:12:14), 相棒ポジションのスヴェンもフラットと同レベルで変態だったよな(双璧と言えるレベルで)。スヴェンがエルメロイ教室を卒業した事で双璧は後輩(あかいあくまとあおいあくま)が引き継ぐけどスヴェンとの交流は続いてるんだよね(スヴェンはエルメロイ2世とグレイに会うついでかもしれないが) -- 名無しさん (2020-01-23 07:46:09), 新刊のフラットの最後を見ると魔術師というよりもむしろ両儀や浅神を彷彿とさせる。自分達の本懐をエスカルドス家は忘れてしまったようだが -- 名無しさん (2020-01-23 15:04:41), バーサーカーに魂を分けた?のが上手くフラグになるのかな そもそもバーサーカー生きてるのかすらアレだが -- 名無しさん (2020-02-08 23:47:02), フラット自身は死んだけど、もしかしてメサラとして復活するんかな? 真アーチャーが彼女を襲撃する事を知り、「エルメロイ教室」の生徒として救う事を決意する。 現代魔術科の必須科目である格闘訓練では毎回赤点との事。 「エルメロイ教室」におけるクラスメイト。ちゃん付けで呼んでいる(彼女からは嫌がられているが)。 概要 []. ちなみに、魔術の才能・家の歴史・性格等、彼の若い頃とフラットは色々と正反対。 ID: qy0mEz0/8K, 2019/05/14(火) 21:39:42 ID: sCJJiAk1od, 2019/07/24(水) 18:42:06 fakeでイシュタルに宝物庫に鍵かけられて死亡するという無様を晒した模様 98: 名無しさん 2019/04/14(日) 15:47:16.224 >>95 ギル死亡って言ってる奴多いけどまだ延命作業中だろ 102: 名無しさん 2019/04/14(日) 15:47:46.483 >>95 AUOかわいそう ディーロ 自らを襲撃した武装集団を殺さない理由を問われた際に述べた「人の命は、この人達も含めて地球を飛び越えるための大事な部品パーツなんです」という台詞は、魔術師のものではなく、ただの人間のそれでもなかった。 次は真ライダーさんが活躍するらしいので期待が膨らむぞ, strange fakeのギルが同窓会レベルでやべえな。 ・真アーチャー最後どーなるんやろこれ ・フラットまじやばい バーサーカーさんかっこいい セイバー陣営 3. フラットとジャックは、共闘関係にあるオーランドのサーヴァントのデュマから、二人の霊基を混ぜ合わせてデュマ自身の宝具を使い、強化することを提案されます。 1. 聖堂教会から派遣された監督役の代行者。 ・ギル 聖杯がアメリカ合衆国という若い国に顕現することを不快に思っている。 早く続きが読みたい, — あんみつ@4th両日現地参加 (@hiryuu_1116) 2019年4月15日, ギルさま今まで我TUEEしすぎてたからたまには敗者の立場も味わってくれた方が強さに磨きがかかるけどそんなことするギルさまはギルさまらしくないので雑種は頭を抱える。fake5巻、やばい、700円で買えるやばいやつ, — まんじゅう【5/3西1ウ19a】 (@manju_maa) 2019年4月17日, Fake結末予想 フラット・エスカルドスとは、成田良悟著のライトノベル『Fate/strange Fake』の登場人物。 『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』や『Apocrypha』にも登場している。 CV.松岡禎丞. アニメ版では、時計塔にやって来た獅子劫界離を案内し、エルメロイⅡ世との会話で視聴者に聖杯戦争や聖杯大戦の詳細を説明(させる)役を担う。, 既にエルメロイⅡ世に師事している。第二巻から登場。 『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』によると、属性は稀少な"空"。 ギル エルキ→相討ちで終わって欲しい 時計塔で学ぶ魔術師。偽りの聖杯戦争において、バーサーカーのマスターとなる。 略歴 1. (strange fake作者の成田先生曰く「往年の全日本プロレスと近年のSASUKE実況」。主に古舘伊知郎と思われる) 幸平創真…ドラマCDでは中の人繋がりで彼の決め台詞を使った。 偽バーサーカー陣営 2. へいよーかるでらっくす! エルキドゥもですが再臨時の差分が少ないのが悲しみで … ID: qy0mEz0/8K, 2020/03/20(金) 17:28:43 『Fake』3巻では勝手に渡米した件諸々を仕出かしたフラットを説教したエルメロイⅡ世にバーサーカー召喚の経緯を正直に答えたところ、数分の絶句の後にそれまで以上の勢いで説教が再開された一幕があった。, 両親からも全く底が見えない才能と典型的な魔術師像から逸脱した気質に恐怖され、時計塔に送り込まれたのも、エスカルドスの麒麟児のお披露目としてではなく、厄介払いをするような形で追い払われたため。時計塔でも自らの利権のために自分の才能を利用しようとする講師達にあちこちから引き込まれるが、その悉くが彼の気質を変えようとしては失敗して逆にプライドを傷つけられて匙を投げてばかりであり、エルメロイⅡ世と出会うまでは彼らからたらい回しにされるという冷遇ぶりだった。『Fake』作中ではその在り様を「一流の原石があるのに磨くことができず、その原石が原石のまま宝石以上に眩い輝きを放つ」と揶揄されている。, https://typemoon.wiki.cre.jp/w/index.php?title=フラット・エスカルドス&oldid=92054, 一見異常に見える正常。突然変異に見えてその実、千八百年及ぶ仕込みで完成した落ち物パズルの大連鎖, 本名はもう少し長いが、呪術の対象となるのを避けるためと単に面倒なのとで普段は名乗っていないとのこと。, 魔術で結界など他者の魔術に干渉することを「ハッキング」と呼ぶのは、フラットに限らず若い魔術師たちの間にしばしば見受けられる風潮である。教授からしてコンピューターゲームに熱中しているエルメロイ教室などは突出しすぎた例としても、時計塔の魔術師社会もわりあい俗世に染まってきているようだ。, 上記の名台詞にもある通り、サーヴァントに敬語で話しかける男性では珍しいマスターである。, どの平行世界であっても、水銀メイドさんが自分のことを「未来からきた殺人マシーンである」と言い出す原因となった映画を見せた諸悪の根源は彼である。, エスカルドス家は地中海近辺の魔術師の中でもとりわけ古い家系であり、一節には時計塔が設立する前にかの魔法使いゼルレッチをはじめとする、紀元前後から数世紀の間に活躍した魔術師達と共に活動していたという噂もある。, しかし、エスカルドス家は古い家系でありながら魔術師としてろくな実績を成しておらず、魔術刻印もただ古いだけで、そこに刻まれた術式の大半は『一体何の魔術なのか、受け継いだ本人にも理解ができぬ』として術式をそれに見せかけた単なるハッタリではないかと疑ってしまう。, 刻印に高度な生命維持機能などが残されているのと、代々細々とした魔術特許を造り出しているため、辛うじて古き家としての威厳は保たれ、血脈を保ち続けたが、それ故に時計塔でも『歴史倒れのエスカルドス家』と揶揄され続けている。金銭的にはそれほど困窮はしていないようで、自家用ジェット機を所有しているほどではある。, また、先祖代々から魔術回路の本数が少ない上に、どれだけいい魔術師の血を引き入れようと、何代それを続けようとも回路がほんの少ししか発達しなかったことが、数百年の当主の悩みとなった。, だが、古い家系でありながら魔術回路も魔術刻印も成長が止まったわけではない。そして未だに魔術刻印の寿命の兆しが現れない点は脅威であり、時計塔でも時折研究対象として議論されることも。(魔術刻印・魔術回路は、限界を迎えると徐々に劣化していく。例えばマキリの場合は、魔術刻印は臓硯の代で限界を迎えてこれ以上の発展は望めず、跡継ぎに託そうにも魔術回路を持たないor持っていても実用に耐えないようなわずかな魔術回路しか持たない子孫ばかりが続くことになり、マキリは雁夜の代でほぼ詰んでいる。こうなってしまうと最早獅子劫家のように悪魔などに頼るしか復興する方法は大凡なくなってしまう。), そんな中に魔術師としては規格外のスペックを持ったフラットが生まれたのだが、肝心の彼は魔術師として最も重要である心構えというものが完全に欠落しており、その結果両親に疎まれてしまった。, 『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿material』によれば「一見異常に見える正常。突然変異に見えてその実、千八百年に及ぶ仕込みで完成した落ち物パズルの大連鎖」とのこと。なお、事件簿及びFate正史世界線とstrangeFakeとではいくつか前提条件が異なっているらしい。, その「仕込み」を施したエスカルドス家の祖はメサラ・エスカルドス。ヴァン=フェム曰く「古き争友」「古き隣人」とのことだが、どういった存在だったのだろうか。, 作中で度々見せる不穏な部分(「地球を飛び越えるための部品」発言や度々口にする「効率」という言葉)、召喚方法も魔力の流れをいじったら繋がって出てきた、, ヴァン=フェムやゼルレッチなど大物死徒が複数注目していること、アルケイデスのような神代の存在でも心当たりがあるらしきこと、そして「真実のヒト」として「星の中に在り続ける」という存在意義。嫌な予感しかしない。, 実際、「俺」のほうのフラットが死亡した事で「僕」のほうのフラットが出てきたが、その結果として、彼の言葉を信じるなら「人間」と定義されたものが一人残らず死ぬ事態になりかねないとのこと。, 6巻では「僕」は「真実のヒト」になろうとしている事が判明された。詳細は不明だが、おそらくメサラ・エスカルドスの目的は人工的に秦の, メサラが最古参の魔術師上がりの死徒であるヴァン=フェムと深く関わっているので、彼らが一緒に真祖を研究したという発想は充分にありえる。そして真祖になったら、「星の中に在り続ける」という目的はガイアの抑止力に入る形で叶える。.

Canon Mg6130 Âマホ ō刷 4, Âェーン Ãズボン Âチャイチャ 16, ŭ供 ƀ格 ōい 5, DŽ過失責任 ǵ果責任 Ɂい 5, ſ成修吾 Âカッとジャパン Ž名 10, Áの商品はほしい物リストなど Âフト用に登録 Áれ Á Á 5, Âェーン Ãズボン Âチャイチャ 16, ƀい通りに Áらない ǔ Ãテ  6, Ãケモン Ãット絵 32×32 8, Ťのまた夢 ƭ詞 Ƅ味 37, Âスタムrom Áすすめ Ʃ種 28, Ńのいた時間 Âず Âろこびのうた ƭ詞 9, Ãイクラ Žmod Pe 27, Á嫁 Á Áいで Cm 26, Walking Proud Œ訳 4, Ɯ吉の壁 dž海 Ãケ日 25, Âポーツ選手 ɣ費 ǵ費 19, nj ȼ血 Ż命 7, Ãケモンxy Ãカリオ Ãスターカノン 5, Ɲ江市 Ȋ火 Ɲ例 16, Ǫ田正孝 Ƽ技力 Âンナチュラル 6, Ƿ意 Ő意 Ɂい 47, Âビルドン ɀ化 Âイミング 4, Ő期 Ƙ格 ŷ 6, ſ尊淳 Ů Áこ 5,