審議所にて審議にかけられるが、エルヴィン、リヴァイの機転により調査兵団に一時所属となる。, 入団後、体力面において兵士の基準に達していないものの、座学においては非凡な発想を見せる, 反逆罪に問われたエレンを庇った事で駐屯兵団に包囲されるが、決死の説得とドット・ピクシスの登場により一命を取り留める。, トロスト区奪還作戦にて、正気を失った巨人化したエレンに正気を取り戻させ、成功に導く。, 身のこなしが素早く、型やぶりな勘の良さがあるが、型にはまらない故に組織的な行動には向かないといわれる, 何事にも献身的に尽くす姿勢から、仲間からの信頼が高い。馬術に長ける以外、体力は人並以下。頭脳は優秀。気品があり、かわいいと評判だった。, バランス感覚がよく、小回りのきく機動が得意。頭の回転は鈍く作戦の誤認も多々あった。, よく気がまわり、効率よく物事を考える能力があることから、まわりからリーダーになる素質があるとの評価を得る。, 非常に狡猾。戦闘技術が高く洞察力に優れているおり、個人としては有能だが、彼女の資質的に、自分以外の主に従うことが考えにくいところがあった。兵士に最も必要な部分を欠いていた。. (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 訓練兵時代から成長していっているキャラクターや登場時にはもう既に完成されたキャラもいますが戦闘や悲しみの変化も見られます。, ウォールマリアの戦闘で多くの犠牲を出した調査兵団は団長であるエルヴィンも失ってしまい大きな被害を受けます。, 第104期調査兵団も多くの犠牲を出しますがマーレとの全面戦争を前に成長した調査兵団が登場します。, 東洋人の血を引く黒髪、黒目のミカサは170㎝68㎏でアッカーマンの血筋でもあります。, 長髪でしたがボブカットになり大人っぽくなっていますがエレンの行動に疑問を感じる事も。, 常に巻いていたエレンのマフラーをしていますがエレンの行動に対する悲しげな表情を見せています。, 瀕死の状態から巨人化の注射を打ち「超大型の巨人」の継承者になったエレンやミカサの幼馴染であるアルミンは以前より華奢な感じになっているように見えます。, 「進撃の巨人」の代名詞「超大型の巨人」の継承者ですので鍵を握るキャラクターであるのは間違いないと思います。, 175cm65kgのジャン、目つきの悪さが特徴でしたが年齢を重ねた事でやんちゃ差が抜けた感じがあります。, 自称天才だと言うコニー・スプリンガーですが小柄だった体格もかなり身長も伸び凛々しくなっています。, 言葉や口調は相変わらずですが自身の母親が巨人である事から母を救いたいとの思いがあります。, いつも敬語を使い食い意地の張っているサシャ・ブラウスですが自身も重傷を負った戦いから4年後、20歳になっています。, エルヴィンより団長を引き継いだハンジ・ゾエですがその性格はそのままで言葉遣いも変わっていません。, 奇人変人のままではありますが言葉の端々に責任のつく発言もありますので隊長としての自覚もあると思います。, 新兵に捕らわれてしまいましたがリヴァイにも負けず劣らずの戦闘力を誇りますのでこれからの活動も期待したいです。, ですがエルヴィンはじめ多くの仲間を失っている事から若干、横顔が険しく感じられます。, 巨人に捕食されそうなエレンをまたも救っていますのでその戦闘力も相変わらずの強さだと思われます。, エルヴィン団長含む大きな戦力を失った戦いから4年が経ち調査兵団の面々も逞しく成長していました。, ミカサとの関係はどうなるのか、アルミンとアニは、などまだまだ各登場キャラクターに注意して見ていきたいと思いますね。, そして、マーレとの戦い最終話に調査兵団、104期生がどれだけ生き残っているのかも楽しみに待ちたいですね。. 一番好き 進撃 の 巨人 キャラクター 一覧 壁紙イラスト. 『進撃の巨人』の登場人物・キャラクターを徹底解説! 2019年7月現在、TVアニメ『進撃の巨人』Season3 part.2まで放送されています。『進撃の巨人』では多くのキャラクターが登場しますが、その大半は巨人に捕食されていきます…。勇敢に戦い、命を落としたキャラクターたち。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); ©Copyright2020 漫画コミックネタバレ.All Rights Reserved. 『進撃の巨人』の登場人物・キャラクターを徹底解説! 2019年7月現在、TVアニメ『進撃の巨人』Season3 part.2まで放送されています。『進撃の巨人』では多くのキャラクターが登場しますが、その大半は巨人に捕食されていきます…。勇敢に戦い、命を落としたキャラクターたち。この記事では、生存キャラクターから死亡キャラクターまで64名全員を徹底的にご紹介していきます。, 2009年から「別冊少年マガジン」に連載され、2019年7月現在も大人気連載中の『進撃の巨人』。謎や伏線が多くさまざまな考察ができるため、ファンの多い作品です。『進撃の巨人』では多くのキャラクターが登場しますが、その大半は巨人に捕食されていきます…。この記事では、生存キャラクターから死亡キャラクターまで、54名全員を徹底的に解説していきます!プロフィールについては、公式ガイドブック「進撃の巨人 キャラクター名鑑」を参考に記載しています。, 『進撃の巨人』の主人公。9つの巨人の「始祖の巨人」と「進撃の巨人」の能力を父グリシャから継承しています。さらに作中で「戦鎚の巨人」の能力も継承。最初に巨人が壁内に侵入してきたとき、母カルラを目の前で捕食されたことから巨人に激しい憎悪を抱いています。そして「巨人を一匹残らず駆逐してやる」と心に誓います。しかし調査兵団に入り、巨人が壁を突破し、侵入してきたのはマーレの戦士たちの仕業だと知り、エレン・クルーガーを名乗って自らマーレ国に潜入します。そしてマーレ国に多大なダメージを与え、腹違いの兄ジークをつれてパラディ島に帰還します。, 『進撃の巨人』のヒロイン。ミカサは両親を失い、エレンの家でいっしょに暮らしていました。国を追われた東洋のヒィズル族の末裔でもあり、アッカーマン一族の生き残りでもあります。小さい頃にエレンに命がけで助けられた過去を持ち、その日からエレンに特別な感情を抱くようになります。そのときに、エレンにもらったマフラーを今も大切に身につけています。エレンに異常に執着するようになりましたが、それはジークいわく「アッカーマンの血」が原因のようです。アッカーマンの血筋は、並外れた身体能力を持っており、兵に入団した直後から逸材として扱われ、訓練兵も1位の成績で卒業しています。ミカサについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。『進撃の巨人』ミカサアッカーマンの誕生日や身長などのプロフィール解説! マフラーに隠された生い立ちの秘密とは?, エレンとミカサの幼なじみ。優しく穏やかな性格。祖父が隠し持っていた壁の外のことが書いてある本を読み、「海を見たい」という夢を抱く。運動は得意ではありませんが、頭脳明晰。誰も思いつかないような戦略を思いつきます。しかし、自分に劣等感を持っていて、幼なじみのエレンとミカサの強さに憧れています。ウォールマリア奪還作戦の最中に捨て身の作戦で、超大型巨人と戦い瀕死の重傷に陥ります。しかし、リヴァイが持っていた巨人の脊髄液を注射され巨人化し、超大型巨人の能力を持つベルトルトを捕食することで復活します。9つの巨人の「超大型巨人」の能力者となりましたが、アルミンの超大型巨人化した姿は耳がなく、ベルトルトの超大型巨人より細身。また、「調査兵団がパラディ島の巨人をすべて倒し、海を見る」という夢は叶えることができました。, 調査兵団の兵長で、5年以上生きている精鋭のひとり。ミカサと同じく、アッカーマン家の生き残りです。「たったひとりで軍隊ひとつ」の強さを持っており、「人類最強」といわれています。獣の巨人と対峙したときにも、硬質化で弱点を守る隙すら与えず、うなじから宿主を引きずり出していました。兵長という立場からつらい選択を迫られる場面も多いです。無表情で常に冷静ですが、仲間の死にいつも心を痛めています。性格は神経質で、超がつくほどの潔癖症。血液型はA型。, 調査兵団の第13代団長。兵士としての覚悟も人一倍強く、指導力に優れる指揮官です。巨人に右腕を食べられても顔色ひとつ変えずに、「進め!」と他の兵士を鼓舞し続けました。また、エルヴィンの父親は教師でした。教師だった父親譲りで頭と勘が良く、教科書の「壁の外の人類は巨人によって食い尽くされた」という一文に、そう思わせたい誰かの意図を感じていました。その謎を解き明かすべく、エルヴィンはエレンの家の地下室に行きたがっていました。しかし、その想いが叶うことはなく、ウォールマリア奪還作戦中に重傷を負います。エルヴィンかアルミンのどちらかひとりを巨人化させて救うという場面で、リヴァイがアルミンを選んだことによりそのまま死亡します。, 調査兵団の分隊長で、エルヴィンの死後は調査兵団第14代団長になります。巨人の生態に興味があり、巨人を生け捕りにして研究したり、巨人化したエレンに興奮したりします。リヴァイからは「奇行種」とまで呼ばれていました。エレンと出会ったときは、朝まで巨人について語り続けたこともあり、もはや巨人に愛情すら持っています。明るく周りから変人扱いされていますが、頭が良く、人が気が付かないような視点からものを見ることができます。また調査兵団のなかで、5年以上生き残っているひとりでもあり、戦闘能力も高いです。, ウォールマリアの南東出身。エレンと同じ104期生で、ミカサに次ぐ2番の成績で訓練生を卒業。強い精神力と正義感を持っており、同期からの信頼も厚く兄貴的な存在。クリスタに恋心を抱いていました。ライナーの正体はマーレの戦士で、9つの巨人のひとつ「鎧の巨人」の能力者でした。ライナーは故郷で「パラディ島には“悪魔の末裔”で、悪いエルディア人が住んでいる」と聞いていました。しかし、実際にパラディ島に潜入してみると、自分と同じ一生懸命生きる子どもたちの姿が…。「パラディ島の人を滅ぼす」という目標が正しいのか迷いながら任務に就いていました。現在は、調査兵団にも正体がバレてしまっているので、自国マーレに帰還しています。また「名誉マーレ人」の称号も持っています。, ウォールマリア南東出身。エレンと同じ104期生ですが、ライナーと同じくマーレの戦士で「超大型巨人」の能力の持ち主です。訓練兵の中では3位の成績で卒業し、何でもそつなくこなすタイプ。じつはマーレでは、ライナーより有能とされていました。穏やかで優しい性格をしていて、一緒にマーレからきたアニに好意を寄せています。ウォールマリア奪還作戦のときに、エレンたちと交戦。アルミンの捨て身の陽動作戦に引っ掛かり四肢を切断されます。エレンたちの目の前で、巨人化したアルミンに食べられて死亡。「超大型巨人」の能力もアルミンに奪われました。, ウォールマリア南東出身。エレンと同じ104期生で、4番の成績で卒業し、憲兵団へ入団しました。金髪で寡黙な女の子ですが、対人格闘訓練でとてつもない強さを発揮します。アニの正体はライナーと同じくマーレの戦士で、「女型の巨人」の能力者です。巨人の能力を持つエレンを奪取するために、壁外調査に出たときを狙ってエレンを探します。その道中でアルミンと遭遇するも殺せず、最終的にはアルミンに正体を見破られてしまいます。巨人化したエレンに追い込まれたアニは、自らを全身結晶化して身と秘密を守ります。現在もアニは結晶のなかで眠り続けています。, エレンと同じ104期生で、調査兵団に入ります。当初は「安全な内地で勤務したい」という理由で憲兵団を志望していて、調査兵団に入りたいエレンと対立していました。ジャンが殺されそうになったときに助けてくれたマルコの死を目の当たりにして、調査兵団に入ることを決意します。身体能力も高く、状況も読めるタイプなので、さまざまな戦いを生き抜きリーダー的な存在になっていきます。人間味のあるキャラクターなので、ウォールマリア奪還作戦のときにハンジがライナーを殺そうとしたときにためらいます。エレン奪還のためにマーレに乗り込んだときには、「車力の巨人」とも戦うことに。, エレンと同じ104期生で調査兵団。自称天才ですが、まわりから頭は悪いけど運動はできると評価されています。当初は憲兵団を希望していましたが、エレンに影響され、怖がりながらも調査兵団へ入ります。ウォールローゼ南区のラガコ村出身ですが、村の住民は全員「獣の巨人」に無知性巨人(無垢の巨人)にされてしまいました。コニーの母親も巨人になっていますが、手足が未発達で立てない状態だったため殺されずに放置されていました。現在ハンジの指示で調査兵団に保護されています。仲間の死に涙を流したり、人を殺さなくてはいけない場面で戸惑ったり心優しい性格です。サシャとはいいコンビだったので、サシャが死んだときに笑ったエレンに怒りを表していました。, エレンと同じ104期の訓練兵で、7番の成績を修めるほど優秀でした。王のそばで働くことに憧れていて、憲兵団を目指していました。周りや人がよく見えているタイプで、本部に巨人が侵入してきたときもマルコの作戦で撃破に成功しました。しかし、ライナーとベルトルトの聞いてはいけない会話を聞いてしまい、ライナーたちに押さえつけられます。そして巨人が周りにいる状況で、立体機動装置を外され、巨人に捕食されて死亡します。その後、マルコの死体はジャンが発見します。, エレンと同じ104期生で、狩猟をして生活をする辺境の村ダウパー出身です。ウォールローゼの南区にあります。村のなまりを隠すために敬語を話していますが、切迫した状況になるとなまりが出てしまいます。野生の勘が備わっていて、いち早く危険を察知することができます。食べ物に対する欲求と執着がすさまじく、入団式の最中に芋を食べていたことから「芋女」というあだ名がつきました。エレンを奪還するためにマーレに乗り込んだ際、飛行船に乗り込んできたザビによって射殺されます。サシャらしく最期は「肉」と言い、104期生メンバーに看取られながら亡くなりました。, エレンと同じ104期生で調査兵団で、アイドル的存在の美少女。面倒見が良く、心優しい性格です。その正体は王家の血をひく正統な王位継承者候補です。隠し子だったため、母親と共に殺されそうになるものの、名前を変えて遠方で暮らすという条件で捨てられました。本名はヒストリア・レイスですが、クリスタ・レンズと名乗り、自分の死に場所として調査兵団を選びます。ずっと本名を隠してきたヒストリアは、巨人の能力を明かし捨て身で守ってくれたユミルの誠意に応え、初めて本名を明かしました。その後は、実父ロッド・レイスに「巨人になってエレンを食べて始祖の巨人を奪還しろ」と言われますが、自らの意志で反抗しエレンを助けて巨人化した父親にトドメをさします。ロッド・レイスの件のあとに、リヴァイに「女王になれ」と命令され、現在女王に即位。さらに王家の血をひく世継ぎを生むために身ごもるなど、決して自由とはいえない状況におかれています。, エレンと同じ104期生で調査兵団。訓練兵のときからクリスタを溺愛しています。溺愛のきっかけは、クリスタの出生の秘密を知ったことですが、クリスタと関わっていく中で、本心から大切に思うようになりました。ユミルの正体はマーレ国のエルディア人収容所の孤児です。偽物のユミル教教祖を演じさせられていたために「楽園送り」にされた過去を持ちます。無知性巨人(無垢の巨人)となって彷徨っていたときに、偶然「顎の巨人」の能力者・マルセルを捕食し、人間の姿に戻りました。クリスタたちを助けるために巨人の能力を使って戦ったので、ライナーたちに狙われることになります。その後、自分の意志でライナーたちと一緒にマーレに戻り、「顎の巨人」の能力を返すことにします。最期はクリスタに手紙を遺し、マーレの戦士・ポルコに食べられて死亡します。, エレンと同じ104期訓練兵団卒業生。長身で金髪の少年です。エレンの「巨人を駆逐するために調査兵団に入りたい」という熱い想いを聞き、トーマスも調査兵団を目指します。しかしトロスト区の攻防戦で、奇行種が飛びついてくるのをかわし切れず、そのまま飲み込まれて死亡してしまいます。, エレンと同じ104期訓練兵団卒業生で、トロスト区出身。おさげの黒髪の女の子です。トロスト区に巨人が進行してきたときに、勇敢に巨人と戦おうとします。しかし、アニメ版『進撃の巨人』では巨人にワイヤーを引っ張られて壁に激突。脳震とうを起こして動けなくなってしまい、そのまま巨人に食べられて死亡します。原作では、巨人にワイヤーを引っ張られたわけではなく、巨人の腕にワイヤーが引っかかった設定になっています。またアニメ版では、キース教官による訓練生への恫喝シーンで「自分は豚小屋出身の家畜以下であります!」と言わされています。このセリフにより、序盤で死亡したキャラクターの中では知名度が高いです。, エレンと同じ104期訓練兵団卒業生で、黒髪の少年です。トロスト区に巨人が進行してきたときに、エレンの足を食べた巨人を攻撃しようとしますが、巨人に食べられて死亡します。初登場が『進撃の巨人』第3話で、死亡が第4話。トーマスやミーナと異なり、ほぼ話していないので印象が薄いキャラクターのひとり。, エレンと同じ104期訓練兵団卒業生で、金髪の少年です。トロスト区に巨人が進行してきたときに、エレンやアルミンと同じ班でした。ナックと同じく、エレンの足を食べた巨人を攻撃しようとしますが、巨人につかまってしまい死亡します。, エレンと同じ104期訓練兵団卒業生。エレンとジャンが言い争っているときに間にはいるなど、優しい性格の持ち主です。同期のハンナとは訓練兵のときから、相思相愛。エレンに「バカ夫婦」と言われても「お似合い夫婦だなんて」と照れるほどのろけていました。しかしトロスト区の戦いのときに、下半身を巨人に食われ死亡しているところを恋人のハンナが発見します。, エレンと同じ104期訓練兵団卒業生の女の子。同期のフランツとは訓練兵のときから、相思相愛でエレンには「バカ夫婦」といわれます。しかしトロスト区の戦いのときに、愛するフランツが上半身だけの状態になって死亡しているのを発見。錯乱し、死亡しているフランツに何度も蘇生術を行っていました。その後の描写はありませんが、消息不明に。巨人が多数いる危険な地面にいたため、おそらくそのまま死亡しています。, エレンと同じ104期訓練兵団卒業生で、くっきりとしたほうれい線があるためみんなより年上に見える男性です。訓練兵時代に雪山訓練中に体調が悪くなり、死にかけていましたが、クリスタが見捨てず、ユミルの巨人の力でなんとか助かりました。トロスト区の戦いのあとに、目の前で巨人に食べられる仲間を見て「自分じゃなくてよかったと思うだけだった」とマルコに話し、自殺しようとします。ピクシスの話を聞き、自殺は踏みとどまりますが、恐怖のあまり何度も嘔吐。その後は消息不明となっています。, 駐屯兵団の兵士で、エレンたちを小さい頃から知っています。昔はよく街で飲んだくれていました。シガンシナ区に巨人が進行してきたときに、カルラを助けようとしますが、「エレンとミカサを連れて逃げて」というカルラの願いと、巨人への恐怖もあり、ふたりを連れて逃げます。カルラを助けられなかったことに負い目を感じていて、エレンたちを親のように見守っています。エレンが連れ去られて落ち込むミカサとアルミンに、無理やり食べ物を食べさせて元気づけるなど、いつも気にしていました。その後エレン奪還作戦の際に、カルラを食べた巨人が現れ、戦いを挑みます。しかし、エレンの目の前でカルライーターに食べられて死亡します。, 駐屯兵団の指揮官で、南側領土の最高責任者でもあります。巨人化するという理由で排除されかけていたエレンに、救いの手を差し伸べました。エレンとアルミンの話を聞き、エレンを「巨人化実験の成功者」と他の兵士に伝え、トロスト区奪還作戦を強行しました。調査兵団が捜査対象になったときには、「ウォールローゼが巨人に突破された」という嘘の報告を指示し、王政が住民より自分たちの身を案じたことを機にザックレーと共に反旗をひるがえしました。, トロスト区の駐屯兵団隊長。巨人化したエレンに対し強い恐怖を感じ、アルミンの話にも耳を傾けず排除しようとします。常に思いつめたような表情をしていて臆病者ですが、規律を守ることと危険因子は排除しておくことを大切にしています。エレンを撃ち殺そうとしたときも、死ぬかもしれない作戦を前にして逃げ出そうとする兵を切り殺そうとしたときも、ピクシスに制止されました。, 駐屯兵団の指揮官ピクシスの横いる女性兵士です。ピクシスの副官。ピクシスの扱いに慣れていて、寝ているピクシスを叩いて起こす場面もありました。ピクシスの策略で、エルヴィンが裁かれ処刑されようとしているところに飛び込み、「ウォールローゼが巨人に突破された」という嘘の報告をします。, 駐屯兵団の精鋭部隊班長で、トロスト区の壁の穴をふさぐ作戦時に現場の指揮を任されました。エレンを守る班だったため、ミカサを急遽メンバーに選ぶという判断をしました。暴走するエレンを見放そうとするメンバーを「俺たちの代わりはいるけど、エレンの代わりはいない」と説得し、仲間から反感を受けながらもエレンが目を覚ますまで守り抜きました。イアンは仲間の身代わりとなって死亡しましたが、彼の決断がなければトロスト区の壁は塞げなかったでしょう。, 駐屯兵団の精鋭部隊班長で、メガネをかけた女性兵士。トロスト区の壁を塞ぎに向かう途中、エレンにこの作戦で多数の兵が命を落とすことを実感させようとし、「死ぬ気で目標を達成しろ」と話します。その後暴走したエレンを放棄しようとしますが、イアンの説得で任務を遂行します。壊滅状態の中、無事に壁の穴は塞がれ、リコは作戦成功の合図である黄色い煙弾を放ちました。冷静で思慮深い性格なので、トロスト区の作戦時にエレンが暴走しミカサを攻撃したという真実を報告しました。, 駐屯兵団の精鋭部隊班長で、トロスト区の壁の穴を塞ぐ作戦時にエレンの護衛をミカサとともに担当しました。巨人化したエレンがミカサを攻撃・暴走したことに動揺しますが、イアンの指示でエレンを守る作戦を遂行しました。エレンが我を取り戻し大岩を運んでいるときに、巨人たちがエレンを狙うのを阻止するために率先しておとりになります。仲間の死を見て動揺し、巨人につぶされて死亡します。, 調査兵団のなかで5年以上生きている強者ひとり。分隊長で、その強さはリヴァイに次ぐといわれています。身長196センチと大柄で寡黙。嗅覚が優れていて巨人が近くにいるかを臭いで察知することができます。また、初対面の人の臭いをかいでは鼻で笑うという謎の癖があります。「獣の巨人」が初めて現れた際に、馬を投げつけられて地面に落下してしまいます。その後「獣の巨人」に話しかけられ、あまりの驚きと恐怖で何も話せなくなりますが、再度奮い立ち剣をとるほど勇敢でした。しかし、複数の巨人に囲まれてしまい、全身を引きちぎられ死亡するという悲惨な最期を迎えます。, 調査兵団のひとり。ウォールマリアが壊される前の壁外調査に参加していましたが、巨人に斬りかかろうとしたところを食べられて死亡します。アニメ版『進撃の巨人』第1話、エレンとミカサが調査兵団が帰還を見ている場面で、モーゼスの母親に右腕のみが返されました。, 調査兵団のひとり。バンダナとヒゲが特徴で、髪の毛を引っ張る愛馬のシャレットを大切にしています。またシャレットにバンダナを引っ張られて頭髪が禿げていることが発覚してしまいますが、そのことには誰も触れませんでした。またエレンが巨人化できると発覚してから初めての壁外調査のとき、アルミンが所属した班の班長。後輩想いで「女型の巨人」は新人の手に負えないと判断。ルークとともに果敢に挑みますが、立体機動装置のワイヤーをつかまれ地面にたたきつけられて死亡します。, 調査兵団のひとり。ディータと同じく壁外調査のときに、アルミンと同じ班だった先輩兵士です。ディータとともに「女型の巨人」と交戦するものの、斬りかかろうとしたところを捕まえられ、そのまま握りつぶされて死亡します。, 調査兵団のひとり。新兵たちが入る兵団を決める勧誘式で、調査兵団の死亡率の高さをありのまま話すエルヴィンに「脅しすぎじゃないか」と進言した男性です。初めて「女型の巨人」が現れたときに交戦し、複数の兵士が同時攻撃してもジャンプしてかわして踏みつぶすなど、まったく歯が立たずダリウスの班は壊滅状態になります。唯一生き残ったダリウスは、「女型の巨人」のことを報告しようと馬を走らせますが、馬ごと女型の巨人に蹴り上げられて死亡します。, 調査兵団で、金髪で小柄な女性ですが精鋭です。1度は絶望的な状況に戦うことを諦めようとしますが、ミケに「人は戦うことをやめたときに、初めて敗北する」と言われ、再び立ち上がります。壁に開いたと思われる穴を探して壁内を調査し、装備のない状態のコニーやクリスタなどと行動をともにしました。夜に休憩するために立ち寄ったウトガルド城で、「獣の巨人」に巨人化させられた巨人から攻撃を受けます。勇敢に戦いますが、ゲルガーを助けるために巨人につかまってしまいます。複数の巨人に引きちぎられながら、死亡するという壮絶な最期を迎えました。, 調査兵団でハンジの副官の男性で、いつも行動を共にしています。生け捕りにした巨人に研究のために近づいて食べられそうになるハンジに対し、いつも「近づきすぎです」と止めに入っていました。ウォールマリア奪還作戦で、「超大型巨人」が巨人化するときに起きた爆風からハンジを守るために井戸に叩き落としました。自身は爆風に巻き込まれて死亡しています。, 調査兵団の女性兵士で、壁外調査のときに班が壊滅状態に陥り、自身も馬も装備も失い死を確信します。せめて何かを遺したいと思い、手帳に自分に起きたできごとを書き記します。イルゼの手帳によると、森で奇行種と出会った際にイルゼを食べようとはせずに、「ユミル様、よくぞ」と言葉を発したといいます。しかし、イルゼが巨人に敵意を見せたところ、巨人が襲いかかってきて、そのまま食べられて死亡します。のちの壁外調査でリヴァイがイルゼの手帳を発見し、調査兵団に貴重な情報をもたらす結果になりました。, 調査兵団の精鋭・リヴァイ班で、リヴァイが不在時に指揮を任されるほど信頼があります。金髪の髪を後ろで結わえた男性。同じ班のオルオとペトラの先輩にあたり、ふたりが初陣のときの恥ずかしい過去をエレンに話すユニークな一面もあります。巨人との戦績は、討伐14体・討伐補助32体と数々の巨人を倒してきた強者です。しかし「女型の巨人」からエレンを守るために、ペトラとオルオと共に戦いますが、上半身を食いちぎられて死亡します。, 調査兵団の精鋭・リヴァイ班のひとりです。話しているときに舌をかんだり、憧れのリヴァイの話し方をマネして無視されたりと、リヴァイ班のなかではいじられ役的なポジションです。しかし巨人との戦績は討伐39体・討伐補佐9体と、成績はとても優秀です。「女型の巨人」と交戦したときには、エルドとペトラを目の前で殺されながらもうなじを攻撃しますが、硬質化能力によって阻まれてしまいます。その後「女型の巨人」に蹴り飛ばされて死亡します。, 調査兵団の精鋭・リヴァイ班で唯一の女性兵士です。リヴァイに憧れているようで、リヴァイ班に配属されたことを父親に手紙で報告していました。巨人化する能力を持つエレンに警戒心を見せていましたが、エレンのことを知り理解を示すようになります。「女型の巨人」に追いかけられ巨人化しようとするエレンに対し、「私たちのことがそんなに信じられないの?」と説得します。その後「女型の巨人」に踏みつぶされて死亡します。ペトラの遺体は回収されたものの、巨人の追撃から逃げるため荷馬車から捨てられてしまいました。, 調査兵団の精鋭・リヴァイ班のひとりです。寡黙で冷静な性格で撤退の合図に安堵し、任務と関係ない話で盛り上がるメンバーを一喝していました。しかしその直後、兵士にまぎれこんだアニにうなじを切られて死亡します。, 憲兵団の師団長。エルヴィンとは訓練生時代からの付き合い。エルヴィンが「壁の外の人類は食い尽くされたと、教科書に書いてあるのは誰かの意図だ」と話していたことを印象深く感じています。またかつては、エルヴィンとともに調査兵団に入りたいと考えていました。現在はウォールローゼ東区に妻と子どもと暮らしています。そのためピクシスが、エルヴィンを救うためにウォールローゼが突破されたという嘘の報告をした際には、ウォールローゼを放棄するといった王政に反旗をひるがえしました。, 憲兵団の兵士。エレンが初めて巨人化した後の審議の場で、憲兵団団長・ナイルの横にいた男性です。審議中に突然叫びだしたエレンに対し、銃をかまえて怯えた表情を浮かべていました。その後リヴァイがエレンを暴行したあと、恐怖心のあまりエレンを撃ち殺そうとしました。, ストレス区所属の憲兵団の新兵で、アニと同期です。正義感が強くまじめすぎる性格をしています。そのため安全な内地で勤務したいという理由で志望するものが多い憲兵団ですが、マルロは腐った組織を立て直したいという想いで入団しました。まじめな性格ゆえ、官給品を横流ししている兵士を見つけて、注意しますがその場で暴力を振るわれるという場面もありました。調査兵団が捜査対象になったときにリヴァイ班につかまりますが、調査兵団のことを知り入団を希望します。ヒッチの反対を振り切って調査兵団へ異動するものの、「獣の巨人」と交戦したときに頭に石があたり死亡します。, ストヘス区配属の憲兵団新兵でアニの同期です。わざとらしいほど不まじめな態度をとったり、アニやマルロにつっかかったりしますが正義感もちゃんと持ち合わせています。マルロとともにリヴァイ班に捕まったときも、マルロを助けるためにジャンに殴りかかります。調査兵団と関わり正義感の強いマルロが「調査兵団に異動したい」といい始めたときには、必死に説得します。また、フロックからマルロの最期を聞いたときに「ありがとう」とお礼を言いました。, ストヘス区所属の憲兵団新兵でアニの同期です。銀髪の男性。正義感が強いマルロに対して、冷めた対応をしますが、性悪ではありません。, 巨人科学の副産物・アッカーマン家の生き残りで、リヴァイの伯父にあたります。母親を亡くした幼いリヴァイを保護し、戦い方や生きるすべを教えました。また多くの憲兵を殺したことから「切り裂きケニー」の異名を持ちます。ロッド・レイスに雇われ、エレンとヒストリアを誘拐しますが、ロッド・レイスが巨人になったときの衝撃でくずれた瓦礫で致命傷を負います。死に際にリヴァイと接触し、リヴァイの姓が「アッカーマン」であることを伝えます。そして、巨人の脊髄液を託し死亡します。, 憲兵団の兵士。王政命令により、ウォール教のニック司祭を拷問し殺害した犯人です。その後、逆にハンジたちに拷問される側になりますが、爪をすべてはがされても王政の秘密を口にしませんでした。しかし、一緒に捕まったラルフが裏切ったと思ったときには「レイス家が真の王家」だとすぐに話しました。そのまま牢に閉じ込められますが、自分を拷問したハンジに対し「こういうのは順番で、誰かがやめれば誰かがやりはじめる。がんばれよ、ハンジ」と圧をかけます。, エレンたち104期訓練兵を担当した教官で、いつも訓練生たちに罵声を浴びせています。調査兵団時代に、壁の外にいたグリシャを保護しました。またエレンがグリシャの息子だと知っていて、調査兵団に入ることを諦めさせるためにエレンのベルトに細工をしました。しかし、それでもエレンが立体機動装置の訓練を成功させたため、入団を認めることにしました。その後、エレンにグリシャとの過去を話すことになります。, 主人公・エレンの父親であり、「獣の巨人」ジーク・イェーガーの父親でもあります。もともとマーレ国のエルディア人収容所出身で、マーレへの反逆を企てていたことをジークに密告され「楽園送り」になる予定でした。しかしその直前に、「進撃の巨人」の能力者であるエレン・クルーガーから巨人の能力を継承。パラディ島の壁の中から「始祖の巨人」の力を奪うことを決意します。そして、フリーダ・レイスから「始祖の巨人」を奪取し、その能力を息子のエレンに継承させ死亡しました。, 主人公・エレンの母親です。もともとウェイトレスをしていて、家族が流行り病にかかったときに、グリシャが救ってくれたことをキッカケにグリシャと結婚します。ウォールマリアが破壊され、巨人が侵入してきたときに、崩れた瓦礫に足をはさまれ動けなくなってしまいます。エレンとミカサはカルラを助けようとしますが、瓦礫を動かせずそのまま巨人に捕食され死亡します。エレンはカルラの死を目の前で見たことで、巨人を憎むようになり「一匹残らず駆逐してやる」と誓います。, エレンの腹違いの兄で、「獣の巨人」の能力者です。また、マーレの戦士の戦士長を務めています。幼い頃に自分の両親が加入していたエルディア復権派の足元まで、マーレの調査が及んでいることを知り、両親を密告します。母のダイナ・フリッツは王家の血をひいていたため、他の巨人能力者と異なる能力を持っていて「驚異の子」と呼ばれています。ジークの脊髄液を体内に取り込んだエルディア人は、ジークの合図で巨人化してジークの命令を聞くようになります。またマーレを裏切ってまで「始祖の巨人」の能力を持つエレンと接触しようとしています。, 憲兵団・駐屯兵団・調査兵団を統括する総統です。エレンが巨人化能力を持っていると発覚したときに、すべての決定権を持っていて調査兵団に委ねると決めた人物です。王政に対し嫌悪感を抱いていたので、ピクシスが王政の尻尾つかむために嘘の報告をした際に片棒を担ぎました。また悪趣味な拷問が好きで、憎かった王政の重鎮たちを拷問するのを喜んでいました。しかしエレンがマーレから戻り牢から逃げ出したあと、誰かにエレンを食べさせて能力を奪おうと企んでいたところ、拷問器具に仕込まれた爆弾で死亡しました。, 壁を神から与えられたものだとして崇拝する「ウォール教」の司祭です。壁の一部が壊れたときに、姿が見えた壁の中の巨人に「日光をあてるな」と騒ぎ立てます。壁の秘密をなにか知っているようですが、拷問されても何も話すことありませんでした。最期は憲兵団に拷問され、そのまま殴り殺され死亡してしまいます。, アニメオリジナルキャラクターで、ピクシスの友人の貴族です。トロスト区に巨人が侵入してきたときに、国民の命に対し軽率な発言をしてピクシスに止められていました。, エレンと同じ104期生で調査兵団。エレンたちと同期ですが、壁外調査や対巨人の戦闘経験がないので、新兵という立場になっています。ウォールマリア奪還作戦では兵士たちの馬を保護する役を務めました。エルヴィンの囮特攻作戦に参加しますが、フロック以外の新兵は全滅。フロックは生き証人として、瀕死のエルヴィンと共にリヴァイの元に戻ります。, 調査兵団のハンジ班のひとりで、第57回壁外調査に参加。黒髪で剃り込みが入っている男性。ケイジは原作で、全身を水晶で覆ったアニを「この卑怯者がぁ!

Âレン ƭ亡 Ƽ画 8, Ãイキュー Ž日 Ň産 Ű説 4, Ãラクエ3 Áこら ƥ譜 10, Âマノ ɀ職 ǐ由 5, Ãュワパネ Ãアノ ƥ譜 21, ƥ天選手 ȡきつけ Ļ台 12, Ãンキホーテ Áすすめ Âキンケア 25, ɢ鈴 ǟ冊 Ãウンロード 32, Âョップチャンネル Ɩ藤 Âャスト ō業 39, Ť鼓の達人 Âネクトカラーズ ƭ詞 51, Ãイオリン dz ƥ譜 5, Dz神病 Ƙ画 ɂ画 11, ȵちゃん ĸ細工 ĸ安 15, Ȋの鎖 Ãラマ Âャスト 25, ž来 Ƅ味 Áころ 38, Japan Times ȳ読 Ãジタル 4, ž嶽海 Lj親 Ź齢 7, Canon Mg6130 Âマホ ō刷 4, ɀ撃の巨人 Âャラクター Ź齢 35, Âメ Âルカ Ɂい 6, Âポキシ Ãジン Âット 4, ưの都の護神 Ãティオス Ɯ後 14, Global Arch ĸ菱重工 21, Dele A2 ō語帳 4, Ť体 Ȧ測 Karaoke 5, Ãジテレビ ǐ体 ŋく 12, Ãラクエ Âォーク Âォークモード Âリープ 42,