なによりJavaのプログラマーが多すぎます。, Javaのスペシャリストとしてやってきた人は、Javaだけでやっていけるほど IT業界は、甘い時代ではありません。, こんなこと書くと、Javaスペシャリストの人からお叱りを受けるかも知れませんが、いつまでも同じ環境にしがみついていると危険です。, ここで次の一手を考えないとエンジニアとして生き延びることはできません。 AIだけではなく、多方面に使われることは必須、ギャラの面でも急上昇中。, 今は、Javaの開発が多くても いつ、なくなってしまうかも知れません。 世界のJavaのトップクラスが執筆したJava is Still Freeというドキュメントを読んでください。 と発表しました。, Javaの生まれ故郷がサン・マイクロシステムズという会社でオープン(みんなに開放)で発表していたので 無料で使えるという文化が根づいていました。 いつものように小難しい話をわかりやすく解決しながらブログにまとめました。, いろいろなところ(WindowsとかMacOSとかAndroidとかiPhoneとかサーバ)とかで動く環境(プラットフォーム)が用意されているので原則Javaで書いたプログラムがどこでも動くぞ。 Javaの環境は、インターネットで使われることが多く、ハッキングも多いわけで、次から次へとバグやセキュリティの問題が出てきます。, 「2018年の9月に出てくるバージョン(Java SE 11)からおカネをいただきます。」, バグや、セキュリティの問題が見つかるたびにオラクル社は、修正をしてきました。 Oracle社のJavaという無料で使えるブランドを失ったことは、商業システムとしては、大きな痛手には間違いありません。 そのきっかけとしてOracleのJavaが有料サポートがトリガーになっている例がたくさんあります。, Javaのシステムは、無数にあるのでメンテナンスなどで仕事はなくならないと思いますが、新規でシステムを検討するときに これまでも紆余曲折ありましたが、現在の最新情報では2019年1月中にOracle Java SEの有償化が実施されます。今回はOracle Java SEの有償化について簡潔にとりまとめ、そして今後の企業の取るべき方策についても紹介していきます。 さてオラクル Java の有償化とはどういうことでしょうか。 https://www.e-gov.go.jp/news/egov/2018/news20180810.html, ブログの内容は、徐々に修正を行いますが、 しかし、企業は、コスト優先に考えるので、そんな面倒ならば、「できあいのもの」に踏み切るところが多いはず。, そうなると、ERP(Enterprise Resources Planning)に切り替える企業が増えてくることが予想されます。 Java Platform, Enterprise Edition(Java EE) ですので、品質はどれも大きな差はないわけで、マイクロソフトが辞めたらWindows版は誰が開発するの?というような.NET Coreや、未だに分裂状態が解消されないPython2/Python3よりも、使いやすい状態になったまであるように思います。, 技術的な問題ではなく、ビジネスとして企業側からすると、OracleのJavaだったから使ってきたという声があるのが事実です。 Fedora:OpenJDK 「Oracleからカネを取られるから、おカネのかからないJavaに切り替えましょう。」 Java有償化というが、本質はサポート・ライフサイクルの変更。 有償化と言うのは、恐らくOracle Java11以降が商用で無償利用できなくなる点を指す。 選択肢はそれ以外にもあるので、≒ 有償化というのは語弊があるが、 Java SE 8u211 から適用されるようになった OTN ライセンスにより、Oracle Java の無償利用は、開発、テスト、プロトタイプ作成、及びデモンストレーションを目的とした非商用、非本番利用のみ(データ処理、業務利用も除く)に制限されました。 それとは別に、Oracle がビルドした公式の「Open JDK」も存在しており、こちらであれば GPL v2.0 ライセンスの元、無償で商用利用できるわけですが、いかんせん、半年に1回の新バージョンリリース後は旧バージョンのパッチが無償リリースされない … 企業、特に金融系など莫大なおカネがやり取りされるシステムでは、自己責任ではすみません。, さらにこれからの開発は、JavaではなくKotlin(コトリン)という言語に移行してゆくようです。 2018年9月にJava 11がリリースされ、それに伴いサポート内容が変更されました。中にはJavaが有償化という言葉を聞くようになり戸惑っているユーザーも多いのではないでしょうか? ここではそんなJavaの有償化について詳しく知りたい方にむけて、以下の内容で解説していきます。 今回のことでOracle離れ=Java離れを検討している企業もあるのです。, 企業がどれも技術にあかるいわけではありません。 http.proxyPort=8080 Oracleが品質を担保するJavaは、トレードオフとして対価を要求してきたことは当然のことでそれがビジネスだからです。 Java Runtime Environment(JRE) コメントのように http://jdk.java.net/, JDKはJava開発に必要な開発キットで、各種ツールをひとまとめにしたものです。よく似たものにJRE(Java Runtime Environment)がありますが、これはJavaで作られたアプリケーションを動かすためのものです。, JREはJDKの一部で、JDKをインストールするとJREもセットで入っています。基本的にJavaで開発する際にはJDKを使用するため、今後は有償で開発せざるを得ないと思われるかもしれません。, しかし、既存のシステムでも新規のシステムでも無償で開発する方法が一応はありますので、その点についても記載していきます。, ちなみにJDKにはいくつか種類がありますが、有償化されるのはオラクル社から正式に出されているJDKです。, Java 11の正式版は2018年9月25日にリリースされました。このJava 11正式版は、2017年9月から半年ごとにバージョンアップを繰り返しており、ちょうど1年目となるバージョンとなります。, Java11から有償化されるということですが、気になるのは、ではいったいいくら掛かるのか?ということです。具体的な金額は以下のようになっています。, また、Java10以前のバージョンのサポートがいつまでなのかという疑問が出てくるかもしれませんが、それについては自分のバージョンに該当するもので検索した方が良いかと思います。, それぞれのバージョンの情報や、一覧表はオラクルの公式ページ等に掲載されています。サポート期間が切れたら使えなくなるというわけではありませんが、セキュリティ対策等が一切施されなくなるので、システムに脆弱性が生まれます。, サポート期間内であればオラクル社がたとえば実際にあったセキュリティ攻撃等の情報を集めてそれに応じた対策を作って更新します。それがなくなるということはハッカーなどが時間を掛けてセキュリティを破ることができ、なおかつ一度破られたら対策できないことになります。, 重要なシステムであればあるほどサポートは重要なので、サポート切れのJDKは使わない方が良いでしょう。逆に個人開発のアプリで個人情報を扱わないようなシステムなら、サポートが切れていてもさほど問題ではありません。, 上記の通りJava11から有償化されましたが、これによってどのような影響があるのでしょうか。, 影響の受け方は開発状況によってまちまちです。Java11の導入を予定しておらず、前のバージョンを今後も継続利用する場合当然有償化の影響はゼロです。, もちろんサポートが切れるという問題がありますが、今までもサポート切れのバージョンを使用しているケースは多々あったので、それに関しては今まで通りです。バージョンを更新すると不具合につながる可能性があり、またテストの手間も発生します。, Javaが有償になるかどうかに関わらずバージョンアップする予定のないシステムも多いはずです。サポートの充実した最新バージョンに切り替えていきたい場合、有償化により上で説明した金額が掛かってきます。, JavaのWebシステムは有償化の影響を受けるものもあればそうでないものもありますが、Androidアプリはどうでしょう。なぜAndroidアプリへの影響が懸念されるかというと、AndroidアプリはJavaとkotlinがメインで使われており、なおかつkotlinはJVM(Java Virtual Machine)上で動きます。, JVMはOSに依存せずにシステムを動かすことのできる環境ですが、Android開発ではkotlinもJVMで動かすことが多いです。しかし、実際のところAndroidアプリにおいては必ずしもJDKが使われているわけではありません。, Androidアプリ開発でJava有償化の影響を受けるかどうかは、JDKで開発を進めているかどうか、Java11を使用するかどうかによります。, 上で説明した通り、Java11より前のバージョンを使い続ければお金が掛かることはありません。今後サポートが切れるというデメリットがありますが、無料で使えることや、環境を入れ替えなくて良いというメリットがあります。, 既存のシステムであれば古いJDKを使い続けるのも良いのですが、これから開発する際にあえてJava10以前のバージョンを選択するのは抵抗があるかもしれません。そこで、別の方法も用意されています。, OpenJDKは、オープンソースのJDKです。機能的にはオラクルのJDKとそこまで変わらず、実装面で不便はないでしょう。今までは、どっちのJDKを使ってもいいけど、オラクルの方が情報が充実しているからオラクル製を使う、といったような選び方でした。, しかし、オラクル製のJDKが有償化されるとなると話は変わってきます。今後OpenJDKの使用率が増える可能性は高いでしょう。OpenJDKならお金が掛かる心配はありません。ただし、半年間しかサポートされないという欠点もあります。, サポートされないと言っても、あくまでもそのバージョンのサポートが終了するだけです。新バージョンに切り替えれば新たなサポートが提供されます。上でも説明した通りサポートが切れたシステムは脆弱性を持ちますが、OpenJDKでセキュリティを守るためには半年ごとにバージョンアップするしかありません。, バージョンアップするとバグが発生する可能性があり、何よりシステムをJDKに合わせて作り直すのは面倒です。そのため、OpenJDKを使用するならサポートがない前提で考えた方が良いでしょう。, 半年でサポートが切れますが、毎回新しいサポートのあるバージョンに更新するのは面倒なので、現実的に運用を考えるとサポートなしと考えた方が良いということです。なので、個人情報を取扱うようなシステムはOpenJDKが選ばれることはないでしょう。, 逆に、無課金のゲームなどであればセキュリティ面がそこまで重要にはならないので、OpenJDKをサポート切れの状態で運用してもあまり問題ないでしょう。同じゲームでも課金制のものだと少々危険かもしれません。, Javaの有償化は以前から発表されていますが、それにより市場にどのような影響が出ているのでしょうか。, 結論としては、意外に何も変わっていない印象を受けます。特にJava案件の求人が減ったということもなく、エンジニアの間でJavaを避ける動きも特にありません。, 基本的にプログラミング言語はただのツールなので、「今のところ無償で使えるならまだJavaを使っておけばいいか」「いよいよ有料で使わざるを得ないなら別の言語を使えばいい」くらいに考えている人が多い印象です。, もちろんJavaだけに依存している企業やエンジニアなら危機的な状況なのかもしれませんが、実際そういった状況はあまり多くありません。Javaができれば簡単に他の言語に応用が利きますし、Javaが有償化されなくても各プログラミング言語は多様化しています。, たとえばPythonは人工知能にもWebシステムにも強く、PHPは小規模開発でJavaよりも便利、スマホでの運用も考えるとkotlinやSwiftも使えた方が良いか、といった具合に昔よりも言語をまたぐ人は増えています。, 有償化によってJava離れが特別進んでいるわけではありませんが、有償化の有無に関わらずJavaが市場を独占する状況は終わっていくと思われます。Javaの市場が縮小するというよりは他の言語が台頭して相対的にJavaが市場を独占できない状況になるのですが、今回の有償化はむしろ後出しと考えることもできます。, つまり、有償化によってJavaの市場が縮小するのではなく、Javaの市場が縮小してきたから有償化するイメージです。今までJavaで作っていたようなシステムが他の言語で作られるケースは増えていますが、もともとJavaで作られていたシステムはわざわざ他の言語に書き換えずにそのままJavaで運用しても不都合はありません。, なぜならJava言語自体は優れているので、トレンドに合わせた改修などもできるからです。そして、既存のJavaシステムはサポートが切れたらバージョンを切り替える運用が一般的でした。, つまり、オラクルからすると新規でJavaユーザーを獲得するのが難しくなっているが、既存のユーザーは十分に存在する、という状況になっています。既存のユーザーだけでは今までほど収益を得るのが難しくなったので、有償化した、とも考えられます。, もちろんオラクルが明言しているわけではありませんが、「Java有償化のターゲットは今後Javaで作られるシステムではなく、既存のJavaシステム」と考えることができると思われます。有償化してもしなくてもどうせ縮小するなら、有償化して既存のJavaシステムから収益を得た方が良いということです。, ではなぜ有償化によって既存のシステムから収益を得られるのかというと、サポートと切り替えコストの問題です。既存のJavaシステムはサポートが切れたらバージョンアップをする運用がされているケースが多いですが、今までは無償でした。, Java11以降は有償になりましたが、それでもサポートが切れることを考えるとバージョンアップせざるを得ないということです。また別の言語に書き換えることも考えられますが、その方がコストが掛かるケースも多いでしょう。, 悪く言えば、オラクルは新規のJavaユーザーはどうせそれほど増えないということで新規獲得を捨てて、既存のJavaユーザーがお金を払わざるを得ない状況を作ったということです。, 上記の通り既存のJavaシステムでサポートが必要な場合仕方なく有償化を受け入れているのかもしれませんが、今から作られるシステムはあえてJavaを選ばなくなっています。, また、あえてバージョンアップしてサポートを受けるのではなく、セキュリティに関わる重要な部分のみ別の言語に書き換えるといった方法を取る企業も多いようです。詳しくは企業の技術ブログやエンジニアのブログ、SNSなどで配信されているため、気になる方はリサーチしてみると良いでしょう。, 具体的な代替言語はシステムにもよりますが、PHP、Python、Ruby、C#、あたりが有力です。, 言語構造上もっともJavaに近く書き換えやすいのはC#なので、既存のJavaシステムで有償サポートを受けずに書き換える場合C#が使われるケースが多いです。, ただし伸び代という観点ではPHP、Python、Rubyが強く、新規のシステム開発ならこれらの言語が人気です。従来までJavaで作られていたようなシステムをこれらの言語で代替するイメージです。, もちろん絶対に既存のJavaシステムの書き換えはC#、新規開発はPHP、Python、Ruby、と切り分けられているわけではありませんが、そういった傾向があるということです。新規にC#で開発されることもあれば、PHP、Python、RubyなどでJavaシステムの書き換えが行われることもあります。, 個人開発や小規模な受託開発などでは比較的早い段階からJava離れが進んでいました。有償化の話とは特に関係ないのですが、有償化されるならなおさらJava離れが進む可能性は高いでしょう。, 企業の業務システムなどは有償化と関係なく継続してJavaが使われることも考えられますが、小規模だとあえて有料のJavaを使わずとも、PHPやPythonやRubyの方が無料で効率的な開発ができるからです。, ここ数年は特に世界的にフリーランスエンジニアの人口が増えており、今後もその動きは加速するでしょう。フリーランスの方が自由度の高い働き方を実現しやすく、なおかつエンジニアはパソコン一台あれば仕事ができるため、フリーランス化しやすいからです。, 会社員ではなくフリーランスの働き方を選択したいという理由でエンジニアになる人も多いです。その結果フリーランス向けの開発案件、小規模システムが増えており、PHP、Python、Rubyあたりの需要は伸びています。, これに関してはフリーランス求人や受託案件を募集しているサイトを見ればすぐにわかるので、気になる方はぜひ確認してみてください。常駐型の案件だとフリーランス向けでもまだJavaが一番多いようですが、PHPは特に確実に案件数が増えています。, Pythonも人工知能の開発案件が増えているのでそれに伴い増加しています。また常駐ではなく在宅での受託案件だと、Javaの案件数は確実に減少している印象を受けます。スマホアプリやWeb案件だとステップ数がそこまで多くないので、Javaだとかえって扱いにくいです。, 在宅の受託案件は非公開のものも多く統計が取れないのであくまでも私の主観ですが、Python、Ruby on Rails、PHP、が多く、ここ1、2年位限ればRuby on Railsが激増しているように感じます。, 以上Java有償化について解説してきましたが、もっともJava有償化の影響を受けるのはセキュリティ面が重要で、なおかつ規模の大きいJavaシステムを長年稼働させている企業でしょう。, サポートが切れた状態で古いバージョンを使い続けるのは危険で、別の言語に書き換えるにはコストも労力も掛かる、有償化でもバージョンアップした方がコスト的にメリットがある、といった状況になるからです。, Java以外の言語も含めて流動的に開発している企業や、フリーランスのエンジニアはほぼ影響がありません。Javaの有償化に関係なく他に伸びている言語があるので、そっちに目を向けた方が良いでしょう。, とはいえ、Javaを勉強する価値がなくなった、Javaでシステムを作るのは非効率、というわけではありません。Javaのスキルを身に付ければ他の言語にも応用が利き、また現状は無償で作れる、サポートが不要なシステムなら有償化は関係ない、といった事情もあります。, Javaの有償化のことも頭の片隅に入れつつ、トレンドを踏まえたうえで複数のプログラミング言語や技術に目を向けていくのがおすすめです。. このお値段, 通常、ネットサービスを提供している場合、1物理プロセッサーというのは、ありえないのでかなりの金額になるのは、間違いありません。, また、Java SE Subscriptionという月々支払うパターンも追加されています。, 詳しくは、オラクル社の価格表に記載されています。 確かにJava以外の選択肢が増えてきたのは事実ですが、誤った根拠によって、他者の選択肢を狭めるような情報となっていように読めてしまうので、ご指摘差し上げているまでです。, ちなみに、わたくしはScalaの日本語Slackコミュニティの管理者でもありますので、Scala自体は個人的には好きな言語なのです。 「Javaは、まだ無料ですが、品質を維持するにはコスト=おカネが、かかります。」 ということもありますが、 つまり、Oracleがやってきたように不特定多数に無償で品質を担保していないと考えられます。, これまで、Oracle Javaが、圧倒的な指示を受けていたため、そこからの離脱が始まっていることは、確かです。 お時間があればこちらも読んで見てください。. Javaの有償化問題、Java8のサポート終了問題について、2019年1月以降どうしたらいいか Java oracle OpenJDK JDK More than 1 year has passed since last update. 「AdoptOpenJDKのようなコミュニティビルドパッケージ」を使えばいいじゃないか? https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html, ▼OpenJDK版のダウンロードはこちら ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!, https://www.infoq.com/news/2018/09/java11-released, Javaは、儲からない言語になってしまったのか? TECH ACADEMY(テックアカデミー)で高収入の言語を習得せよ, オラクル社がJavaを有料化 それって既定路線? Javaは、使われなくなるのでしょうか?, https://www.oracle.com/assets/e-pl101005-101005a-n-176288-ja.pdf, https://docs.google.com/document/d/1nFGazvrCvHMZJgFstlbzoHjpAVwv5DEdnaBr_5pKuHo/edit, https://www.e-gov.go.jp/news/egov/2018/news20180810.html, プログラム言語Javaが無償ではなくなるらしく、Oracle認定Javaプログラマも無意味か? - 反逆する武士, IT深夜時事放談 つれづれ話 先週のおさらい 2019/4/13~2020/4/18, クラウド勘定系に移行をはじめた銀行システム コスト削減だけが目的ではないところに注目, すべてはインターネットをよくするためだと、わたしは思います。 Instagram CEO Kevin Systromの目指す世界, 深夜時事放談 つれづれ話 先週のおさらい 2019/11/9~2020/11/14, 経団連と新経済連合が、学校のコンピュータ教育に一言! いやいや お金の匂いがしたからでしょ, 現在、多くの企業で活用されている WordPress メンテナンスにお困りの担当者の方もいらっしゃると思います。. Copyright© SystemEXE,Inc. ここは、無料なのでJavaでつくられたアプリケーションを使うのは、お金がかからないので安心してください。, Javaで開発するときに絶対的に必須なJava SEをオラクル社が、2018年9月のバージョンからおカネをいただきます。 わざとややこしくして、混乱させているとしか思えません。, この Java SE 11は、3年間のバグやセキュリティの修正をしますよという保証がついています。 「安易にJava」という選択は、今までのようにできなくなりつつあります。, 一つのプラットフォームや言語だけで仕事が続くわけではないのであまり固執しすぎるのは、危険です。, > 技術的な問題ではなく、ビジネスとして企業側からすると、OracleのJavaだったから使ってきたという声があるのが事実です。 ・java.net で配布されているOpenJDKはOracle公式ビルドと呼ばれるOracle手動で開発されているOSS 開発するには、無料ですが、商用化するにはカネがかかるんですよ! まず最初にJavaが有料になるとは、書いていないつもりです。, 詳細は、ともかく商用のJava 失礼 Oracle Javaは、有料になってしましました。 Oracleから配布・公開されるJavaの開発ツール(JDK)と実行環境(JRE)は、特定のバージョンから有償になります。旧バージョン(7、8、など)で問題なければ、有償化に関する懸念は不要でしょう。そのまま継続利用が可能です。 ただ、新しいバージョンを必要とする要件があれば別です …

Âネコアヤノ Ɯ Ãランド 13, Suzuri Tシャツ ɀ料 8, Âォーキングデッド Ƃ役 Ãンキング 22, Âルバルク Ãア Emiko 7, Ãン Âャン Ŀ優 15, ƕ学者 Ő言 Ãェルマー 11, Âリエント Ãイバー Âマス 13, Ž氏 Ļの女 Ãイン Ư日 51, Âディタ Âージ Ľり方 4, Âイヨウのうた ŋ画 Ãラマ 7, ŝ上 ſの Áうぶつ王国 Ȧ逃し Ʌ信 7, Ãイン Ƽ画 Ņ巻無料 26, Ƭ坂46 Mv Ãル ŋ画 26, Ů塚 Ãフト ĸ手い 29, Áょろっと男子 Ņ開録音 Âスト 7, Ɂ戯王 Ãシド ţ優 8, ƺ月の夜 Ɣ略 Ȗ剤師 14, ŷ利き Ab型 Ɯ名人 19, ɫ校サッカー 2ch ŋい 5, Âッキリ ĸ川 Ŧ娠 5, ŏ子 ŷ別 ƭ史 20, Ŗ逸 If Pixiv 4, Ƹ民 Âオン Ãロアガイド 7, Âェイコム ş玉 Ǿ馬 8, Âクリビス Ãイオ Bb弾 ȩ判 4, ś家公務員 ǧ転料 Ů額 4, ǔ中 Ľ ƨ ż護士 9, Utau Ãモリ Ľり方 45, ǔ廊 Ľ家 ŋ集 Ɩ人発掘 28, Áつぞら Ǖ長 Ŀ優 5, Âラオケバトル ŋ画 9tsu 8, Ɲ岡茉優 Ⱥ長 ļびた 42, Ɨ高光啓 ŧ Ő前 14, Ȼ生したらスライムだった件 Ãタバレ 74 24,