ƒz[ƒ€ƒXƒ^ƒWƒAƒ€iƒTƒEƒTƒ“ƒvƒgƒ“jFƒZƒ“ƒgEƒƒŠ[ƒYEƒXƒ^ƒWƒAƒ€i‚R‚QC‚T‚W‚Xlj, ðƒV[ƒYƒ“‚̐¬ÑF‚P‚WŸ‚P‚S”s‚U•ª‚¯, Ÿ‚¿“_‚U‚Oi‚VˆÊj@“¾“_F‚T‚S@Ž¸“_F‚R‚R, ’jŽŽ‡•“¾“_ƒvƒŒƒ~ƒAƒŠ[ƒO’ÊŽZi2014/15ƒV[ƒYƒ“I—¹ŽžBƒJƒbƒví“™‚ÍŠÜ‚Ü‚¸j, ‚lEƒXƒeƒPƒŒƒ“ƒuƒ‹ƒtiƒV[ƒYƒ““r’†ƒŒƒ“ƒ^ƒ‹j, ‚sEƒAƒ‹ƒfƒ‹ƒ”ƒ@ƒCƒŒƒ‹ƒgiƒŒƒ“ƒ^ƒ‹ƒoƒbƒNj, ‚iEƒXƒeƒB[ƒ”ƒ“ƒXiƒV[ƒYƒ““r’†ƒŒƒ“ƒ^ƒ‹j, ‚iEƒXƒeƒB[ƒ”ƒ“ƒXiƒV[ƒYƒ““r’†ƒŒƒ“ƒ^ƒ‹ƒoƒbƒNj, ‚rEƒMƒƒƒ‰ƒK[iƒV[ƒYƒ““r’†ƒŒƒ“ƒ^ƒ‹ƒoƒbƒNj, ‚qEƒV[ƒK[iƒV[ƒYƒ““r’†ƒŒƒ“ƒ^ƒ‹ƒoƒbƒNj, ‚rEƒR[ƒJ[iƒV[ƒYƒ““r’†ƒŒƒ“ƒ^ƒ‹ƒoƒbƒNj. 2016年euroでも優勝した経験を持つ代表登録選手も多く選出されており、成熟されたチームの様子も伺えます。 注目のフォーメーションは、4-1-3-2(4-4-2)で、 gk ルイ・パトリシオ(スポルティング) 8 スティーヴン・デイヴィス 85-01-01 北アイルランド 34 5 レンジャーズ 10 サディオ・マネ 92-04-10 セネガル 37 11 レッドブル・ザルツブルク 11 ドゥシャン・タディッチ 88-11-20 セルビア 34 7 トゥウェンテ 12 ヴィクター・ワニアマ 91-06-25 サウサンプトンの、2017-18シーズンの移籍市場で加入・退団が決定した主な選手や、予想スタメン・フォーメーションなどについて紹介。日本代表の吉田麻也は今季も主力として出場できるか注目です。 開幕前にFWサディオ・マネやMFワニアマといった主力選手を引き抜かれたサウサンプトン。, 毎年のように中心選手が抜けながらも、中位をキープし続けているサウサンプトンはどのようなシーズンを送ったのでしょうか?, ・プレミアリーグ/ 8位 ・FAカップ/ 4回戦敗退 ・EFLカップ/ 準優勝 ・UEFAヨーロッパリーグ/ グループステージ敗退, ヨーロッパリーグ出場権を獲得した7位エヴァートンとの勝ち点差は15と、大きく差を開けられてしまいました。, EFLカップの決勝ではマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、惜しくも3-2で敗戦。, 41年ぶりの優勝は叶いませんでしたが、強豪のユナイテッドと互角の戦いを演じました。, 10節まではトップ下を置く4-3-1-2のフォーメーションで戦っていましたが、11節からは上記の4-3-3が採用されました。, 新戦力のMFネイサン・レイモンドがスピードのある突破で、チームトップとなるリーグ7得点を記録。, また、CBのファン・ダイクは193cm,93kgのフィジカルを活かし、得意とする空中戦や球際への激しいアプローチで相手の攻撃陣を何度もストップ。, その活躍から2016-17シーズンのベストCBとも言われていましたが、2016年1月22日に行われた第22節のレスター・シティ戦で足首に大怪我を負ってしまいます。, 完治するまでに3ヶ月はかかる見込みで、チームとしては大事な終盤戦をディフェンスの大黒柱を失った状態で戦わなければいけませんでした。, そんな問題を解決したのが日本代表DFの吉田麻也と、23歳のジャック・スティーブンスのCBコンビです。, 急造ペアとはいえない程のコンビネーションでリーグ8位となるシーズン48失点に抑えることに成功。, 攻撃陣がリーグ14位のシーズン41ゴールしか決められなかったことを考えると、サウサンプトンが8位でシーズンを終えられたのは、守備陣の奮闘があったからこそでしょう。, 守備の奮闘が目立ったサウサンプトンですが、前述のように攻撃陣はリーグ14位のシーズン41ゴールに留まっています。, 得点源として期待されたFWチャーリー・オースティンは肩の負傷で長期離脱し、シーズンに6ゴールしかあげられず、得点力不足を解消するためにセリエAのナポリから加入したFWマノロ・ガッビアディーニも4ゴールのみと、攻撃陣が活躍できませんでした。, 今夏はCBのファン・ダイクの移籍が濃厚で、マンチェスター・シティをはじめとした多くのクラブが獲得を目指しているようです。, そこで今夏はCBの人材不足を解消するために、U-21ポーランド代表のDFヤン・ベドナジェクを獲得。吉田選手とのポジション争いが楽しみですね。, Read the full story on 21-year-old defender Jan Bednarek’s move to #SaintsFC: https://t.co/awGnQKRQPX, — Southampton FC (@SouthamptonFC) 2017年7月1日, 補強の動きが遅いことから、まずは人員整理を行い、売却して得たお金で新たな選手の獲得を目指していると考えられます。, もしくは2017年1月の移籍市場で獲得したイタリア代表FWガッビアディーニの爆発に期待しているのかもしれません。, セリエAでは結果を残している同選手が新シーズンでどれだけチームに貢献できるか楽しみですね。, 主力が流出し、欠けたピースを補強で埋め、また引き抜かれというサイクルを繰り返しているサウサンプトン。, 育成クラブとしては素晴らしいのですが、新シーズンはヨーロッパリーグ出場権を確保するためにも、なるべく主力流出を食い止めたいところですね。, また、サウサンプトンは、新シーズンから「マウリシオ・ペジェグリーノ」監督が指揮をすることが決定しています。, スペインで監督を務めていたペジェグリーノ監督が、どのようなサッカーを見せてくれるのか、開幕が待ち遠しいですね。. © 2020 Tavitt Football Journey All rights reserved. Mary's Y.M.A.)" として創設された[1]。その後2回の改名を経て、1896-97シーズンにサザンフットボールリーグを制したのちに現在の名称となった。1898年、ホームスタジアムを街の中心の北西に新たに建設したザ・デルに移転した。, 1920年、新たに創設されたフットボールリーグ3部に参加。翌1921-22シーズン、フットボールリーグ3部は南北に分かれるが、サウス・ディビジョンで優勝してリーグ2部に昇格した。その後、31年間2部に在籍したが、1952-53シーズンを22チーム中21位で終了し、再びリーグ3部に降格した。1959-60シーズンに3部で優勝し、フットボールリーグ2部に復帰すると、1965-66シーズン、シーズン30ゴールを挙げたマーティン・チヴァーズの活躍もあって、2部を2位で終了し、クラブ創設以来初のリーグ1部昇格を果たした。しかし、1973-74シーズン、22チーム中20位となって再びフットボールリーグ2部に降格した。, 1976年5月1日、大方の予想を覆して、ボビー・ストークスのゴールによりマンチェスター・ユナイテッドを1-0で下してFAカップに優勝した。これがクラブが唯一獲得した主要タイトルである。翌1976-77シーズンにはUEFAカップウィナーズカップに出場し、準々決勝に進出した。, 1977-78シーズン、主将アラン・ボールを中心としたチームは2位でフットボールリーグ2部を終え、フットボールリーグ1部に再び昇格した。以来、1978-79シーズンから2004-05シーズンまでトップディビジョンに所属し、1983-84シーズンにはチーム史上最高順位である2位となった。, 1990年代には成績がやや低迷したが、その中で活躍したのがクラブのレジェンド、マット・ル・ティシエであった。ル・ティシエは、1986年のデビュー以来、2002年の引退までサウサンプトン一筋で活躍して209ゴールを挙げ、"Le God"と呼ばれた[3]。, 2000年代に入り、2001年8月にホームスタジアムを103年間使用したザ・デルからセント・メリーズ・スタジアムに移転した。2002-03シーズンにはFAカップで準優勝し、翌2003-04シーズンのUEFAカップに出場した。しかし、2004-05シーズンは成績が振るわず、2004年12月には前月にライバルチームのポーツマスの監督を辞任したばかりのハリー・レドナップが監督に就任してチームのてこ入れを図った[4]が、その甲斐もなく、2005年5月15日、セント・メリーズ・スタジアムで行われた最終節でマンチェスター・ユナイテッドに1-2で敗れ、20位(最下位)でシーズンを終了し、27年間所属したトップディビジョンからチャンピオンシップ(2部)に降格することとなった[5]。, チャンピオンシップ1年目となった2005-06シーズンは、2005年8月29日のコヴェントリー・シティ戦から2006年3月28日のバーンリー戦まで35試合でわずか5勝しかできず、1部昇格どころか2部残留も危ぶまれたが、最後の6試合で5勝してシーズンを12位で終了し、降格を免れた。なお、シーズン中の2005年12月、ハリー・レドナップは辞任して再びポーツマスの監督に復帰した。2006年1月、期待の若手のセオ・ウォルコット(当時16歳)が報酬500万ポンドから1200万ポンドという条件でアーセナルに移籍した[6]。, 2006-07シーズンはボーランド人ストライカーのグジェゴシュ・ラシャク、マレク・サガノフスキ、当時17歳のガレス・ベイルの活躍もあって、6位で終了して昇格プレーオフに出場するも、準決勝でPK戦の末にダービー・カウンティに敗れて昇格を逃した。翌2007-08シーズンは、クラブの財政状況の悪化を防ぐためにガレス・ベイル、ケンウィン・ジョーンズなどの主力選手を売却せざるを得なくなったこともあり、一転して残留争いに巻き込まれ、最終節でシェフィールド・ユナイテッドに3-2で勝利してようやく残留を決めた。ところが、翌2008-09シーズンには運営会社が会社再建手続に入ったため勝ち点10を剥奪された結果、23位で終了してリーグ1(3部)に降格し、2009-10シーズンも勝ち点-10からスタートすることとなった。, 2009年7月8日、ドイツ生まれのスイス人ビジネスマンのマルクス・リーブヘルがクラブを買収したことからクラブは転機を迎える。9日、当時の監督マルク・ヴォッテは解任され、17日にアラン・パーデューが監督に就任し、2009-10シーズン開幕直後の8月10日にはブリストル・ローヴァーズからストライカーのリッキー・ランバートを約100万ポンドで獲得した[7]。2009-10シーズンは、シーズン後半に追い上げを見せたものの、勝ち点-10の影響は大きく、プレーオフ圏内である6位と勝ち点差7の7位で終了した。ただ、カップ戦では、2010年3月28日にウェンブリー・スタジアムでカーライル・ユナイテッドを4-1で下して、フットボールリーグトロフィーで優勝し、1976年のFAカップ優勝以来のタイトルを獲得した[8]。, クラブ創設125周年となる2010-11シーズンは、2010年8月にオーナーのマルクス・リーブヘルが死去するという悲運に見舞われたが[9]、9月にナイジェル・アドキンスが3年契約で監督に就任してから調子を上げ、リーグ1を2位で終了してチャンピオンシップに昇格した。, 翌2011-12シーズンは、U-21イングランド代表で前シーズン41試合に出場して10ゴールを挙げ、チャンピオンシップ昇格に貢献したアレックス・オックスレイド=チェンバレンが1500万ポンドでアーセナルに移籍したが[10]、開幕当初から快進撃を続けた。12月から1月にかけて一時調子を落とすが、その後再び勢いを取り戻し、シーズンを通じて一度も自動昇格圏の2位より下位に落ちることなく、2012年4月28日、最終節でコヴェントリー・シティに4-0で勝利したことで2位を確定させ、8年ぶりにプレミアリーグ復帰を決めた。なお、この試合、セント・メリーズ・スタジアムにはクラブ最多観客動員となる32,363人が詰めかけた。このシーズン、リッキー・ランバートは27ゴールを挙げて最近4シーズンで3度目の得点王となり、昇格の原動力となったほか、11ゴールを挙げ、最終節のコヴェントリー・シティ戦でも得点したアダム・ララーナ、チェルシーユース出身の新加入選手でチーム唯一のリーグ戦全試合出場を果たしたジャック・コーク[11]らも昇格に大きく貢献した。, 2013年1月18日、ナイジェル・アドキンスは解任され、エスパニョールの前監督であるマウリシオ・ポチェッティーノが監督に就任した[12]。移籍市場ではデヤン・ロブレン、ビクター・ワニアマ、パブロ・ダニエル・オスヴァルドを獲得。, 2014年5月27日、ポチェッティーノが辞任しトッテナム・ホットスパーFCの監督に就任[13]。, 2014年6月16日、オランダ人のロナルド・クーマンが監督に就任。契約期間は3年[14]。, 2014年夏の移籍市場では、アダム・ララーナ、リッキー・ランバート、ルーク・ショー、デヤン・ロヴレンといった主力が退団した。一方でトビー・アルデルヴァイレルト、ライアン・バートランド、サディオ・マネ、ドゥシャン・タディッチ、グラツィアーノ・ペッレ、フレイザー・フォースター、シェーン・ロングら実力者を多く獲得し、冬の移籍市場ではエルイェロ・エリア、フィリップ・ジュリチッチを獲得。, 2015-16シーズンはアルデルヴァイレルト、ナサニエル・クライン、モルガン・シュネデルランらが退団した。代わりにマールテン・ステケレンブルフ、オリオール・ロメウ、フィルジル・ファン・ダイク、セドリック・ソアレス、フアンミ、ヨルディ・クラーシらを獲得し、冬の移籍市場ではQPRからチャーリー・オースティンを獲得した。, 2016-17シーズンよりクロード・ピュエルが監督に就任。夏の移籍市場では、ネイサン・レドモンドや、ピエール・エミール・ホイビュルク、ソフィアン・ブファルらを獲得し、冬の移籍市場ではイタリア代表FWのマノロ・ガッビアディーニを獲得した。フットボールリーグカップではファイナルまで進んだものの、マンチェスター・ユナイテッドに2-3で敗れた。, クラブは1898年から103年間、ザ・デルをホームスタジアムにしていたが、2001年8月にセント・メリーズ・スタジアム(収容人数32,505人)に移転した。最多観客動員数は、2012年4月28日のチャンピオンシップ、コヴェントリー・シティ戦の32,363人である。, セント・メリーズ・スタジアムでは過去に国際試合も行われており、2002年には、イングランド代表 vs. マケドニア代表の試合が行われた。イングランド代表はデヴィッド・ベッカム、スティーヴン・ジェラードのゴールにより2-2で引き分けた。, 「ステープルウッド」として知られるクラブのトレーニング施設はサウサンプトン近郊のマーチウッドにある。トレーニング施設は、ここ10年で多大な設備投資がされ、現在、国内でも有数の施設となっていたが、2009年12月8日、2階建ての最新鋭の建物に建て替えることが発表された[16]。, クラブのアンセムは、スポーツの応援歌としてもポピュラーな「聖者の行進」(When the Saints Go Marching In)である。「聖者の行進」はプレミアリーグでは他にトッテナムやリヴァプールなどもチャントに用いているが、サウサンプトンはニックネームが "The Saints" であるため、オリジナルの歌詞を変えずに使用している数少ないチームの一つである。, チームカラーの赤・白はサウサンプトン市の色である。当初エンブレムは町の紋章を使っていたが、1974-75シーズンの際にサポーターの投票でオリジナルのエンブレムが決まり、若干の変更以外基本デザインは変わっていない。サッカーボール上の金の輪はチームの愛称 "The Saints" から。ボール下のリボンはチームカラーそして選手とサポーターを示す。木はサウサンプトン近郊のニューフォレスト公園を示し、二本の波線は川と海が繋がるサウサンプトンの地を象徴する。白バラは町の紋章から受け継がれた[1]。, サウサンプトンからわずか17マイル(約27km)の位置に本拠地を構えるポーツマスとは、その距離の近さといずれも港町であるということからライバル関係にある[17]。ポーツマスとの一戦は「サウスコースト・ダービー(South Coast derby、もしくはハンプシャー・ダービー)」と呼ばれ、過去71回の対戦でサウサンプトンの35勝21敗15引き分け(2019年現在)となっている。直近の対戦は、2019年9月にフラットン・パークで行われたアウェイゲーム(カラバオ・カップ)で4-0の勝利を収めた。, Bristol Rovers striker Rickie Lambert seals £1m move to Southampton, Arsenal sign Alex Oxlade-Chamberlain from Southampton, Southampton: Nigel Adkins sacked, Mauricio Pochettino in, http://www.goal.com/jp/news/74/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/2014/05/28/4844441/%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%8A%E3%83%A0%E6%96%B0%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E3%81%AF%E3%83%9D%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%81%AB%E6%B1%BA%E5%AE%9A, http://www.goal.com/jp/news/74/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/2014/06/17/4888197/%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%B3%E6%96%B0%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E3%81%AB%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E6%8B%9B%E3%81%B8%E3%81%84?ICID=PP_4153, Saints building for the future (From Daily Echo), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=サウサンプトンFC&oldid=80298224. 8: QPR: 32 ジェイソン・マッカーシー 95-11-07 イングランド 1 0 なし 33 マット・ターゲット 95-09-18 イングランド 6 0 なし 35 ジョシュ・デバヨ 96-10-17 ナイジェリア 0 0 チェルシー 36 ジョーダン・ターンブル 94-10-30 イングランド 0 0 なし https://en.wikipedia.org/wiki/Southampton_F.C. ジュニアサッカーで採用されている8人制サッカー。 指導者としてはこの8人制サッカーのフォーメーションにいつも悩まされ、親御さんにとっても8人制サッカーのフォーメーションのメリット・デメリットがいまいちわからない方も多いかと思います。 主力を引き抜かれたとはいえ、中位を維持できるのがサウサンプトンの強みですね。 サウサンプトン・フットボール・クラブ(英語: Southampton Football Club)は、イングランド南部・ハンプシャー州サウサンプトンをホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。クラブカラーは赤と白。愛称はセインツ(The Saints)[1]。, 主な獲得タイトルは1976年のFAカップ優勝のみで、リーグ戦の最高順位は1983-84シーズンの2位である。ホームグラウンドはセント・メリーズ・スタジアム(収容人数32,505人)。2001年に旧ホームグラウンドのザ・デルから移転した。, アカデミー(ユース組織)には定評があり、これまで、セオ・ウォルコット、アダム・ララーナ、アレックス・オックスレイド=チェンバレン(いずれもイングランド代表)、ガレス・ベイル(ウェールズ代表)、クリス・ベアード(北アイルランド代表)をはじめ、ウェイン・ブリッジ(元イングランド代表)、アンドリュー・サーマン(元U-21イングランド代表)、ネイサン・ダイアーなどといった有望な選手を輩出していることで知られる。また、ニューカッスル・ユナイテッドの英雄で元イングランド代表のアラン・シアラーもサウサンプトンのユース出身である。, 1885年にセントメリーズ教会が設けた "St. Mary's Young Men's Association F.C.(St. サウサンプトンのシーズン成績(2016-17) ・プレミアリーグ/ 8位 ・faカップ/ 4回戦敗退 ・eflカップ/ 準優勝 ・uefaヨーロッパリーグ/ グループステージ敗退. 8 19 37 64 41 17位 3回戦敗退 2回戦敗退 エギル・オステンスタッド: 8 1999-00 プレミアリーグ 38 12 8 18 45 62 44 15位 4回戦敗退 4回戦敗退 デイブ・ジョーンズ グレン・ホドル: マリアン・パハース: 13 2000-01 プレミアリーグ 38 14 10 14 40 48 52 10位 5回戦敗退 3回戦敗退

ŭ宮頸がん ɪ転移 Ãログ 24, Ť明けと蛍 Âード ň心者 40, Ãッケージ型消火設備 ǂ検 Ȳ用 4, Áつ森 Ƶ衣 Ȣ 6, ɫ校野球 Ť阪 ơ Ȕ 2018 5, ƴ遣 Ľ調不良 Ƭ勤 7, ĺ故報告書 ƛき方 Ȼ 45, Cefr B2 Ɨ本人 8, Ơ主総会議事録 Ɗ印 ň益相反 4, Ãイキュー ǵ ư持ち悪い 13, Ɵ崎芽実 ō業 Ãッセージ 6, Go To Âャンペーン Ņ札 6, Amazonプライムビデオ Ɯ初に ƈる 53, ō津川警部 Ɋ河 Ãタバレ 11, Digno Âータイ3 Simフリー 6, Ű科 ļ顔絵 Ãーカー 24, ōいラボ ư星 Ƙ座 12, ǜ澄 Ãヤ Ŝ下 40, Âンスタ ǽゲーム Ǝし 7, Ixa Ãンカー Á Á 23, ƚ赤色 ȵ褐色 Ɂい 4, Nhkオンデマンド Amazon ɖ違えた 5, Ɂ ƞ ɧ佑 Ãウール Ⱥ長 4, Ɲ本清張 żり込み Áらすじ 8, Âフィ Ãーズ Ãワプロ 14, ĸ浦大知 Ãンス Ãッスン 6,